たたら侍|MOVIE WALKER PRESS
MENU

たたら侍

2017年5月20日公開,120分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

錆びない鉄、玉鋼を作る技術“たたら吹き”を後世に伝えようとする人々の思いを描く、EXILE HIROがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた時代ドラマ。劇団EXILEの青柳翔が自らの宿命に反して、侍になろうとする主人公を演じるほか、その幼なじみを小林直己、許嫁を石井杏奈が演じるなど、EXILEファミリーが脇を固める。

予告編・関連動画

たたら侍

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

刀を作る際になくてはならない玉鋼を作る技術“たたら吹き”を守ってきたたたらの村。伍介も父の跡を継ぎ、玉鋼を作る宿命にあったが、村を守るために武芸を磨き、侍になるために村を出ていく。幼なじみの新平や許嫁のお國は伍介の帰りを待つが、玉鋼の技術を狙う近江の商人・与平の手下である傭兵らが村に攻め込んでくる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
LDH PICTURES
上映時間
120分

[c]2017「たたら侍」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2017/5/25

    【賛否両論チェック】
    賛:軟弱でも侍を目指した主人公の姿を通して、大切なものを守る“強さ”の本当の意味を訴えかけるのが深い。戦いの無慈悲さや命の尊さが如実に表れているのもまたしかり。
    否:展開は結構グダグダ感が否めない。主人公の優柔不断な性格も、なかなか共感は得られないか。

     命を救われた武士への憧れから、立身出世を目指した主人公が、戦という殺し合いの現実を痛感し、大切なものを守ることの本当の意味を知っていく様が、淡々とした展開で描かれていきます。
     そこで同時に訴えかけてくるのは、命の儚さや尊さ、そしてそれを守る本当の強さのなんたるかでもあります。劇中で真之介が伍介に語る、
    「強い心が争いを避ける。弱い心が力を持てば、それが奢りとなり、災いをもたらす。」
    という言葉が印象に残ります。
     この手の時代劇にしてはかなり静かで、主人公も最後まで優柔不断なので、
    「想像していたのと違った・・・」
    という向きもあるかも知れません。時代劇が好きな方にはオススメ出来そうです。

    違反報告