美しい星|MOVIE WALKER PRESS
MENU

美しい星

2017年5月26日公開,127分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

三島由紀夫の異色SF小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が、舞台を現代に変えて大胆に映画化した人間ドラマ。ある日突然、異星人として覚醒した一家が地球を救おうと奮闘する姿を描く。一家の主で気象予報士の重一郎をリリー・フランキーが演じるほか、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子がその家族役として出演する。

予告編・関連動画

美しい星

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士の重一郎は、仕事も暮らしも家族関係も悪くない現状に満足していた。そんなある日、空飛ぶ円盤と遭遇し、重一郎は火星人として覚醒する。やがて、息子の一雄も水星人、娘の暁子も金星人として覚醒し、それぞれが世界を救うという使命を果たそうとするが、様々な騒動に巻き込まれる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
ギャガ
上映時間
127分

[c]2017「美しい星」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2017/6/17

    【賛否両論チェック】
    賛:突如覚醒した〝星人達”が、地球人が築き上げた現在の地球に対し、それぞれの立場からその姿を憂いていく様子が、非常に文学的・哲学的なセリフ回しの連続で描かれていく様に、深く考えさせられる。
    否:ストーリーや会話の内容はかなり哲学的で、なおかつ非常に難解なので、興味がないと眠くなってしまいそう。終わり方も賛否があるか。

     ひょんなことから、家族全員が〝火星人”〝水星人”“金星人”に覚醒し、それぞれのアプローチから地球の未来を憂う・・・というと、なんだかコメディみたいな内容に聞こえてしまいそうですが(笑)、ストーリーは〝超”がつくほど真面目で、なおかつ文学的・哲学的であって、非常に難解です。
     何も知らない地球人が、自分達の価値観が絶対だと思い上がって築いてきた、現在の地球。その地球に対し、いわば客観的にその姿を見守ってきた〝彼ら”が覚醒した時、それぞれの星の価値観と照らし合わせて、地球の未来をどう憂いて、どう導いていこうとするのか。非常に難しいテーマを難しいまま語るので、油断すると眠くなりそうです(笑)。
     終わり方も・・・なんというか賛否がありそうですが、一筋縄ではいかない哲学的なお話を、是非ご覧になってみて下さい。

    違反報告