マンハント|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マンハント

2018年2月9日公開,110分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

西村寿行の小説を高倉健主演で映画化し、中国でも大ヒットを記録した『君よ憤怒の河を渉れ』をジョン・ウー監督がリブートしたサスペンス・アクション。何者かにハメられた弁護士をチャン・ハンユー、事件の謎に迫る刑事を福山雅治が演じ、身分や国籍を超えた絆で結ばれていく男たちのドラマを熱く盛り上げる。

予告編・関連動画

マンハント

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

天神製薬の顧問弁護士ドゥ・チウがパーティの翌朝、目覚めるとベッドの隣には社長秘書の死体が横たわっていた。何者かにハメられたと気付いた彼はその場から逃走する。大阪府警の刑事・矢村は事件の捜査を進めるうちに、天神製薬の研究員だった婚約者を失くした真由美という女性の存在を知り、事件への違和感を抱くようになる。

作品データ

原題
追捕 Manhunt
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
中国
配給
ギャガ
上映時間
110分

[c]2017 Media Asia Film Production Limited. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/7/19

    香港人で香港映画の巨匠として知られ、ハリウッドでも活躍してきた有名監督が、中華人民共和国の資本を得て、日本でロケして映画を撮りました……ってだけで、もうワクワクし通しでした。

    頭からシッポまで暴力とアクションの連続で、大阪ってこんなにきれいで先進的な都市だったっけ、ってなアサッテな感想も持ちましたが、まあ、なんていうか、舞台が大阪なだけの全編香港映画と言うべきなんでしょうねぇ。

    なんにしても、こりゃ日本人には撮れないわっていう映像とストーリーでして、かつて高倉健のブラックレインの時にも思ったことなんだけど、日本ももっとロケ地として外国の監督と資本に開放したほうが面白い時代になるよね、って感じです。

    ストーリー的には、実はなんてこともないのですが、悪の製薬会社という設定はありきたりでも、そこで開発する薬というのは、ちょっと、たしかにこの設定もアリだよね、という目新しいものだったので、それも含めて楽しんでくださいまし。

    なお、デートにゃ不向きです。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2018/2/19

    【賛否両論チェック】
    賛:真実を追う2人が、組織や警察に追われながら繰り広げる重厚なアクションが満載。
    否:話し方や演出等、日本人が観るとツッコミどころが多すぎる。

     日本語の言い回しを始め、急にお祭りの神輿が通ったり、別荘に日本刀が飾ってあったりと、ディテールの部分のツッコミどころは多すぎます(笑)。まさに「外国の方から見た日本」を体現していますね。なので、「日本っぽい別の国」のお話だと思えば、気にならないかと(笑)。
     その代わり、アクションはかなりスゴいです。迫力のある殺陣は勿論のこと、カーアクションや水上バイクまでも駆使して、重厚なアクションがこれでもかと繰り広げられていきます。
     あまり深くは考えずにアクションを堪能したい、そんな作品といえそうです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    2.0
    2018/2/12

    大阪が舞台で福山雅治主演、ジョン・ウー監督!!
    期待しますよね、そりゃ。
    上本町駅やあべのハルカス、中之島などがロケ地。
    大阪人からすると、そうかぁここで撮影したんかぁって
    それは嬉しい気分。
    福山雅治はやっぱカッコええよなぁって素直な感想。
    やっぱジョン・ウー!過激な銃撃アクションに白いハト。
    結局、見どころはその3点。。。
    それ以外は、B級アジア映画丸出し。
    なんでもかんでも詰め込み過ぎて、疲れちゃう。
    ストーリーの陳腐さに悲しくなっちゃう。
    残念ながら「ブラック・レイン」のような
    カリスマ映画にはほど遠くなっちゃいました。
    ジョン・ウーもハリウッドの時の方が良かったかなぁ。
    もったいないですね、色んな意味でせっかくのチャンスが・・・

    違反報告
  • rikoriko2255

    gutenberg

    2.0
    2018/2/11

    ストーリーめちゃくちゃ、舞台が大阪なのにあまりに日本人の感性とずれた中国映画。
    福山雅治がW主役の一人ということだけが救い。
    中国人演じる日本人はとにかくどこか変。SF映画で地球人に化けた宇宙人のよう。
    クライマックスで敵地に乗り込みアクション全開の福山雅治、たしかその一寸前まで重傷で病院で寝ていた筈なのに……絶句。

    私にとっての唯一のどんでん返しは冒頭から登場する太った女殺し屋。和服が全く似合わず唖然とするキャスティングだと思っていたら、監督の娘だと最後にわかってびっくり。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2018/2/10

    無茶苦茶面白かったです。

    鳩が飛んでました。
    日本刀と拳銃とバイクと乱戦。
    正しくジョン・ウー監督作品。

    舞台は日本ですが!
    日本の刑事が迷いなく発砲、殺し躊躇なし!
    単なる企業の警備員がみな拳銃持ち!
    社長が殺し屋を組織!
    社長の息子は馬鹿!
    『君よ憤怒の河を渉れ』のイメージは生きてる!
    (内容全然違うけど)
    正しく西村寿行作品!

    何をやってもかっこいい!
    白人役者ならトム・クルーズの位置!
    正しく福山雅治!

    日本人設定の女性まで、香港人が演じているので、日本語がカタコト!
    大阪ってどこの大阪、未来都市みたいな?
    というわけで、予想以上に「内容はめちゃくちゃ」!
    そこがいいです!
    ブルース・リーの時代から「考えるな、感じろ」の精神です!
    理屈を考えたら負け、勢いを楽しめば勝ち!
    正しく香港映画!

    「ドーベルマン刑事」実写版かと思ったのは内緒です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2018/2/9

    スタント、俳優など、最高でした。不思議なのは舞台が大阪だということで、日本人が考える大阪ではなく、近代都市大阪が描かれていました。傑作です。

    違反報告