CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第3章|MOVIE WALKER PRESS
MENU

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第3章

2016年12月9日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

石ノ森章太郎の不朽の名作をフル3DCGアニメーション化した劇場版3部作の完結編。謎の敵、ブレスドの出現により、再び戦う事を余儀なくされるサイボーグ戦士たちの運命を描く。『009 RE:CYBORG』を手がけた神山健治が総監督を担当し、『精霊の守り人』でも神山とコンビを組んだ柿本広大が監督を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人智を遥かに超えた異能者の集団“ブレスド”。太古より人類の歴史を陰ながら操ってきた彼らが、再び不穏な胎動を始めた。その狙いは何なのか。戦いの暗雲が、世界を覆い始めようとしていた……。“ブレスド”の存在に気付いた数少ない人間の1人、ジャーナリストのルーシー・ダベンポートが、アメリカのテキサス州にある家を訪れる。彼女を出迎えたのは、009こと島村ジョー(声:河本啓佑)を始めとするゼロゼロナンバーサイボーグたち。改造手術を受けた彼らは、核兵器とも渡り合える存在として、冷戦時代から何度も人類の危機を救ってきた。その後、国連軍ガーディアンズが創設されたことにより、サイボーグ戦士たちは人類を守る使命を離れ、穏やかな生活を送っていた。だが、ルーシーの来訪と“ブレスド”の脅威が、ジョーたちを再び新たな戦乱へと導く。人は、闘いを忘れることができないのか。人類の未来はどこへ向かうのか……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝映像事業部
上映時間
95分

[c]2016「CYBORG009」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2016/12/21

    結局、二作と三作を連続観賞。期間限定は本当キツイです。
    ちょいとトム・ハンクスの“インフェルノ”をかじっちゃってるかも?
    人類再生のための大規模致死パンデミックって何様~ときました。
    最強能力者エンペラー(声は元009、さすがの貫禄)には勝てないのか!?
    切り札は009の加速装置!ついに時空を超越する超光速に到達!エンペラー共々存在の彼方に行ってしまいました。
    004も宇宙に消えたし・・・見所、はらはら満載。
    おぉ~、夕日の影のエンディング、9人!
    最後に思わずガッツポーズをしてしまった、極上SFアクションアニメです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2016/12/15

    【賛否両論チェック】
    賛:“人々を守る”という使命感に突き動かされ、最強の敵に戦いを挑み続けるサイボーグ達の姿が、感動的でありカッコイイ。
    否:ストーリーはかなり荒唐無稽で、ツッコミどころも多数。終わり方も難解で、賛否がありそう。第1章・第2章の知識も必須。

     前作までの知識は必須です。今回は最終章とあって、スケールも最大規模。人類をリセットし、矯正しようとするブレスドに対し、ただただ“人々を守りたい”という一途な想いに突き動かされ、どれだけ傷ついても戦い続けるジョー達の姿が、切なくもカッコよく映ります。
     ただ、やや哲学的というか難解な部分も多く、ラストは何が起こったのか、特に賛否が分かれそうなところです。あまり言うとネタバレになりますので、詳しくはご覧になってみて下さい(笑)。
     今までの第1章・第2章の完結にふさわしい、感動的でもあり考えさせられもする、そんな作品に仕上がっています。気になった方は是非。

    違反報告