ワイルド・スピード ICE BREAK|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ワイルド・スピード ICE BREAK

2017年4月28日公開,136分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ド迫力のカーアクションがウリのヴィン・ディーゼル主演の人気アクションシリーズ第8弾。ディーゼル演じるドミニクがファミリーを裏切り、彼を取り戻そうとする仲間たちの戦いが描かれる。前作で敵としてファミリーの前に立ちはだかったジェイソン・ステイサム演じるデッカードが再び登場するほか、おなじみの顔も多数出演。

予告編・関連動画

ワイルド・スピード ICE BREAK

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

固い絆で結ばれていたはずのドミニクがファミリーを裏切る異常事態が発生。あろう事か、ドミニクは無人の車を遠隔操作し、人々にパニックに陥れるサイバーテロリストのサイファーと手を組んでいた。そんなドミニクの真意を問い詰めようと、ホブスらは旧敵のデッカードを仲間に加え、彼を追ってロシアへ向かう。

作品データ

原題
THE FATE OF THE FURIOUS
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
136分

[c]Universal Pictures [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2017/8/26

    ワイルドスピードならではの、迫力は充分です。氷上や、街中シーンなどすご~い。だけど、ストーリーは安易で、ファミリーが大切というのも空虚な感じ。 まあ、一度見ても残らないところがストレス解消型映画の特徴ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2017/5/24

    これまでの続きでノリで観賞。 頭のシーンは、昔に戻った感じでワクワク盛り上がりました。 主役のヴィンを人質使って罠に掛けたセロンの卑劣なサイバーテロリスト役はハマってます。あ~ドミニク、レティ以前に知らずに親父になってたのネェ~! しかし、大掛かりな天才悪党の裏を書く奇想天外なチームプレーには唖然としました。 とにかくあれこれ大仕掛けで危機連続、豪快痛快で頭脳&肉弾&車のアクションてんこ盛り、最後にジワッとさせてくれる、最強痛快作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2017/5/16

    免許を持っていないので、車でスピードを競う楽しさとか、運転の難しさとか、解らないのですが、車を見る彼らは、買って貰うおもちゃを選んでいる子供みたいで楽しそうですよね。 このシリーズにはfamilyや絆を前面に打ち出しても、反論出来ない裏付けがある。 W主演のPaul Walkerを前作で失っているのだから。 あれだけ美しいラストで、彼を悼んだそのスケールで、裏切っても敵になっても、失われない信頼を描いて居る。 あの状況で、私を愛している!と言い切れる彼女凄いな。 そして、そのfamily感維持の為の切り捨て方凄いね。 レティが死んだと思われていた間ドミニクを支えた彼女の存在とか、本来作られる筈だった脚本のエピソードとか。 そっちに目が行っちゃって、愛とか絆とか言われてもちょっと悲しく感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/5/14

    今シリーズは完全にP.ウォーカーがいなくて、DVDで済ますべきかと思ったが、予告の出来が思いのほか良く、こりゃスクリーンで観るべき作品と勘にかける。 もうシリーズ8まできたので、通常の道を走るだけでは観客は満足できぬ。かと言って前作のようなカーアクションなのに空っていうのもいかがなものなのかと。 冒頭の舞台はcuba。北の巨人も皮肉にも素敵な場所を見つけた。毎回カーチェイスの周囲の女性はコンパニオンかPV並みのナイスバディたくさん。 クラシックカーも改造と技術で、何とかなる、すげぇ。 邦題はICE BREAKなので車の運転はさらに必要な氷上。1人スタットレスではない馬鹿がっ! このメンバー、怖いものなし。ギアの切り替えやハンドル操作がカッコいい。見せ場である。 しかしねぇ、魚雷とか核とか出ちゃうと、もう個々の問題ではない、国の戦争になるよ? 主役のV.ディーゼルよりも他のcastに相変わらず目がいく。回を追うごとにレティことM.ロドリゲスのフェロモンが増加。P.ウォーカーーの代わりに華やかさはなんとC.セロン、美女~‼ クルーで頭の回転が速い悪党は逃げ足も速い。(続編に出そうだ) で、H.ミレンがステイサムの母親役なんて。双方Britishとはいえ、でもありだ。今回の彼の役柄は受ける。そして彼の年齢であの刑務所での身のこなし、これまたすげぇ。 ということで、何やかんやこのシリーズ、面白い。今後も悪役が誰かで作品のレベルが維持できるか。 ストレス解消にぴったり♪

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2017/5/9

    時間的に吹替版になっちゃったけど、映像に迫力あったから良しとしよう! マッチョが好きってわけじゃないけど、スキンヘッドの3人マッチョはかっこよかった~ぁ。 個人的にはドウェイン・ジョンソンが一番好き!! カーアクションもすごくて、終始ハラハラドキドキが止まらなかった。 最後もよかったけど、最初のカーレースもよかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2017/5/4

    【賛否両論チェック】 賛:言わずもがな、ド迫力のアクションの数々が見どころ。他の追随を許さない、桁外れのカーアクションや格闘シーンの連続に、息を飲むこと必至。 否:前作までの知識は必須。展開はかなりのご都合主義でアクションもハチャメチャなので、現実味はまるでない。  前作までの振り返りは全くしてくれないので、予備知識は必須です。登場人物は勿論のこと、関係あるネタも多数登場するので、前作まではチェックしておいた方がよさそうです。  今回は最強チームを率いてきたドミニクが、まさかの仲間を裏切るという衝撃の展開です。最強の天才ハッカーと手を組み、大きな犯罪を引き起こそうとするドミニクに対し、レティを始めとする仲間達がどう立ち向かっていくのか、思わずハラハラさせられます。言わずもがなアクションも規格外で、鉄球が車を吹き飛ばしたり、ビルから車が降り注いだり、しまいには原子力潜水艦とのバトルが繰り広げられたりと、世界を股にかけたド迫力のアクションに、観ていて圧倒されること請け合いです。  そして今回は、ドミニク相手に苦戦を強いられるチームに、前作で最強の敵だったジェイソン・ステイサム演じるデッカードが力を貸すのも、また魅力的なポイントです。華麗で強すぎる彼のアクションにも、要注目です(笑)。  なんでもかんでもハッキングで解決して進んでいく展開は、かなりのご都合主義ではありますが、ラストもまた痛快です。あまり深くツッコまずに、スゴすぎるアクションを堪能してみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2017/5/3

    車種なんかまるで知らないのに「うわ~っ」と思うステキな車が登場して目の保養になる。 上映時間の都合で吹替版で見てしまったが、字幕版よりキャラが際立つ気がした。不思議だ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告