BLEACH|MOVIE WALKER PRESS
MENU

BLEACH

2018年7月20日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

週刊少年ジャンプで連載され、TVアニメにもなった久保帯人による人気コミックを、福士蒼汰主演で実写映画化したバトル・アクション。死神を名乗る謎の少女ルキアから力を譲り受け、死神代行となった高校生の少年・黒崎一護の活躍を描く。ルキアを杉咲花、その義理の兄・白哉をミュージシャンのMIYAVIが演じる。

フォトギャラリー

BLEACH 画像1
BLEACH 画像2

予告編・関連動画

BLEACH

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校生の一護の平和だった日常はある日突然、壊れてしまう。虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊が家族を襲い、自らを“死神”と名乗る少女ルキアが助けに入るが、瀕死の状態に。一護はルキアから死神の力を分け与えられ、その場をしのぐが、同級生で死神に怨みを持つ滅却師一族の生き残りである雨竜によって、大量の虚が町に現れる非常事態となってしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
108分

[c]久保帯人/集英社 [c]2018映画「BLEACH」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2018/7/25

    【賛否両論チェック】
    賛:かつて守れなかった愛する人々を再び守るために、悪霊や死神達との壮絶な戦いに身を投じていく主人公の姿が、痛快でカッコイイ。グロシーンが思いのほか少ないのも嬉しい。
    否:やたらと説明ゼリフが多く、似たようなシーンも続くので、興味を惹かれないと退屈してしまうかも。

     コミック原作の実写映画化は勿論多いですが、これだけ好き嫌いが分かれる作品も珍しいのではないでしょうか(笑)。原作の人気が高い分、その辺は致し方がないところですね。
     大切な母を守れなかったという過去を背負い、時にその思い出に苦しみながらも、今度こそ家族やルキア、仲間達といった大切な者達を守るために、何度倒れても立ち上がり続ける一護の姿が、とてもカッコイイです。
    「赤の他人のために命を賭けるほど立派な人間じゃねえが、目の前の困ってる奴をほっとくほどクズでもねえ!!」
    という彼のセリフが、非常に印象的でした。
     ド迫力のアクションの中で、[ALEXANDROS]の主題歌や挿入歌も、見事に世界観にマッチしているのもステキです。良くも悪くも、是非ご覧になっていただきたい作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    2.0
    2018/7/21

    長期連載され、アニメも長期製作された原作マンガの実写化という、お約束の展開。
    実写化となると役者が原作のイメージと重なるのか?とアニメを超えるアクションシーンが出来るのか?という課題が生じる。
    役者のイメージに関しては微妙。合っていると思えるキャラも居れば、ハズレとしか言えない者も居る。アクションシーンは頑張っているが、アニメに負けている。
    原作の大ファンと言う訳ではないが、一通り見てきた者として言えば、パート2は無いでしょうと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    2.0
    2018/7/20

    漫画実写化で便利なライダー出身役者の一人・福士蒼汰が、黒崎一護のコスプレしてアクションする映画。
    雨竜がメテオの吉沢亮で、福士くんと並ぶと完全にフォーゼのライダー二人。
    あざとい。

    アクションもCGも悪くない。
    ワイヤーアクション交じりのチャンバラはいい線行っていたと思う。

    なのに、演出・脚本が設定を延々読み上げるだけの、悪い意味での深夜アニメ的というか、外れのOVA的というか。
    おまけに、ルキア、白哉が漫画に全く似てないんで、アップになるたび笑えちゃう。
    特に服を着てるんじゃなく、服に着られたミュージシャンの演技が棒を通り越して、オールスター新春隠し芸大会状態。
    いや、学芸会レベル。

    最後にちゃっかり「死神代行編」ってサブタイトル付きで、ワーナー・ブラザースサイドは続編作る気満々みたいなんだけど、実写JOJOと同じ運命を辿りそうな臭いが。

    違反報告