テンプルちゃんの小公女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

テンプルちゃんの小公女

1979年12月22日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“小さな王女さま”と人々から可愛いがられる少女セーラをめぐり、親子の愛、動物や友達との交流を描く。製作はダリル・F・ザナック、監督はウォルター・ラング。フランセス・ホジスン・バーネットの原作を基にエセル・ヒルとウォルター・フェリスが脚色。出演はシャーリー・テンプル、アイアン・ハンター、メアリー・ナッシュ、シーザー・ロメロ、アーサー・トリーチャー、シビル・ジェーソンなど。日本語吹き替え版。テクニカラー、スタンダード。1939年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クルー大尉(アイアン・ハンター)と娘のセーラ(シャーリー・テンプル)が長年住みなれたインドから祖国イギリスのロンドンに戻ってきた。大尉はセーラを名門の寄宿学校に預け、新しい任地へと向った。クルー親子の財産に愛想を振りまくミンチン先先(メアリー・ナッシュ)は、セーラに特に気をつかい世話をする。セーラが楽しい学校生活を送っている時、ある日突然、不幸なニュースが入った。それは、父親の戦死の知らせだった。セーラに遺産のないことを知ったミンチン先生は、急に態度が変わり、セーラを学校から追い出し、召し使いのベッキー(シビル・ジェーソン)ともども召し使いとして屋根裏部屋に住まわせた。しかし、セーラはくじけず昼も夜も一所懸命慟いた。そして、父親の生存をひたすら信じ、陸軍病院を訪ねては父親を探しまわった。そんな毎日を送っていたセーラは、ある日女王様になった夢を見た。その夢から醒めると部屋が見違える程美しくなっており、テーブルには御馳走が並べてあった。実は、それは、隣の家の主人が、セーラの身の上を知ってプレゼントしたものだった。セーラが盗みをしたと思ったミンチン先生は、警察を呼んだ。必死な思いで病院に逃げ込んだセーラは、そこで戦傷者として収容されていた父親にめぐり会った。しかしクルー大尉は記憶を失っており、セーラの事を覚えていない。父の胸に頬をうづめ、必死に名を呼ぶセーラの姿に、クルー大尉の気持ちが動き、熱い思いが甦ってきた。抱き合う2人の横を、訪れていたビクトリア女王が微笑みながら通りすぎるのだった。(インターナショーナル・プロモーション配給*1時間20分)

作品データ

原題
The Little Princess
製作年
1939年
製作国
アメリカ
配給
インターナショナル・プロモーション
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?