母の残像:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
母の残像
母の残像
3.0

母の残像

2016年11月26日公開、109分、ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    3
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ラース・フォン・トリアーの甥ヨアキム・トリアーの長編3作目。戦争写真家だった母イザベルの死から3年後、回顧展のために長男ジョナが父ジーンと弟コンラッドの暮らす実家に戻る。彼らが母への思いを語るうち、彼女の知られざる一面が明らかになっていく。出演は、「ユージュアル・サスペクツ」のガブリエル・バーン、「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「8人の女たち」のイザベル・ユペール、デヴィン・ドルイド、「グッドナイト&グッドラック」のデヴィッド・ストラザーン。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

配信で観る

ストーリー

著名な戦争写真家であった母イザベル(イザベル・ユペール)の突然の死から3年後、回顧展が開催されることになる。長男のジョナ(ジェシー・アイゼンバーグ)は回顧展の準備のため、父ジーン(ガブリエル・バーン)と引きこもりがちな弟コンラッド(デヴィン・ドルイド)が暮らす実家に戻ってくる。イザベルの死は事故なのか自殺なのかなど分からないことも多く、当時まだ幼かったコンラッドにはその真相は隠されていた。久しぶりに集まった彼らは、写真展の準備の過程でイザベルへのそれぞれの思いを語り、徐々に明らかになる彼女の知られざる一面や秘密に戸惑い、悩む。しかしその結果、彼らの中でイザベルの本当の姿が共有されるにつれ、その死を徐々に受け入れて、家族の絆を取り戻していくかに見えたが……。

予告編・関連動画

母の残像

予告編

2016/11/24(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
LOUDER THAN BOMBS
製作年
2015年
製作国
ノルウェー=フランス=デンマーク=アメリカ
配給
ミッドシップ
初公開日
2016年11月26日
上映時間
109分
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]MOTLYS - MEMENTO FILMS PRODUCTION - NIMBUS FILMS - ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved
[c]キネマ旬報社