ワイルド わたしの中の獣|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ワイルド わたしの中の獣

2016年12月24日公開,97分
R15+
  • 上映館を探す

狼を愛するようになった女性が野生化してゆく姿を描き、サンダンス映画祭で話題を集めたドイツ映画。嫌な上司のいる職場と自宅の往復を繰り返し、単調な日々を過ごすアニアは、ある日見かけた狼に激しく魅かれ、自宅で一緒に生活するようになるが……。メガホンを取ったのは、「バンディッツ」や「トンネル」などで女優として活躍したニコレッテ・クレビッツ。主演は「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のリリト・シュタンゲンベルク。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

職場と自宅の往復を繰り返すだけの無機質な日々を送るアニア(リリト・シュタンゲンベルク)はある日、自宅のマンション前に広がる森で、一匹のオオカミを見かける。オオカミは彼女をじっと見つめ、森の中に姿を消した。嫌な上司ボリス(ゲオルク・フリードリヒ)にこき使われ、冴えない日々を過ごしていたアニアは、初めて触れる“野性”に心かき乱し、激しく惹かれていく。次第にオオカミに執着するようになった彼女は、あらゆる手を尽くして捕獲に成功。自宅に連れ込む。初めは、狭い部屋で暴れるオオカミに命の危険を感じたものの、次第に“彼”と心を通わせるようになり、それと共に秘められていたアニアの欲望が露わになっていく。狼の虜になったアニアは、食事を用意し、同じ部屋で眠り、まるで恋人のように接し始める。次第に野性に取り込まれ、人間として常軌を逸脱した行動を見せ始めるアニア。その様子に戸惑う周囲の人々。しかし、ボリスはそんな彼女の変化に興味を示す。やがて、心の隙間を埋めるかのように、アニアはボリスと関係を持ってしまう。果たして、人と獣の狭間で生きるようになった彼女を待つ運命とは……。

作品データ

原題
WILD
映倫区分
R15+
製作年
2016年
製作国
ドイツ
配給
ファインフィルムズ
上映時間
97分

[c]2014 Heimatfilm GmbH + Co KG [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2020/7/24

    とても難しいお話。だって前半のアニアはいたって普通。ドラマや映画の中の登場人物はいつも忙しく表情をクルクル変えて友人に囲まれ大きな声で笑うけど、実際アニアの様な毎日を送っている人はどこにだって居る。共感もする。満足してるしてないではなく時は淡々と流れるのだ。たまたま妹が部屋を出て祖父が危篤状態になり精神状態が不安定の中、出会った野生の狼に感情が高ぶったのかもしれない。狼を捕獲するためにあそこまでするとは思わなかったけど。手伝った女の子達と楽しそうにしてる所なんてホント普通なのにね。 あんなに簡単に狼が人に懐くわけはないんだけどアニアは生活の全てを投げうって狼と暮らすことを優先して、恋人と話すように楽しんでいる。そしてどんどんおかしくなっていってしまう。 上司のボリスとは前にも色々あったのだろう。結局彼女は狼をパートナーに選んでしまうのだけどそれは愛なのだろうか。ラストはアニアの心からの笑顔で終わる。 「ズー」と呼ばれる動物を愛の対象にする人達がいるというのを本で知った。その人達とアニアが同じなのか分からないけど、観終わってどう感想を言っていいのか…。とても難しい作品。でも嫌いじゃない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告