一茶|MOVIE WALKER PRESS
MENU
一茶
一茶

一茶

2017年公開,125分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

藤沢周平の同名伝記小説を「美しい星」のリリー・フランキー主演で映画化。継母との折り合いが悪く、江戸へ奉公に出された若き日の小林一茶。やがて俳句の世界に独自の感性を表現する術を見出していくが、その句は田舎俳諧と揶揄され、生活は貧しいものだった。共演は「ねこあつめの家」の伊藤淳史、「団地」の石橋蓮司、「ラストコップ THE MOVIE」の佐々木希、「後妻業の女」の水川あさみ、「絶壁の上のトランペット」の立花美優、「みんな好いとうと」の高橋かおり、「海難1890」の内野聖陽、「赤い玉、」の奥田瑛二、「ポプラの秋」の中村玉緒。脚本を「武士の家計簿」「武士の献立」の柏田道夫が担当。監督は「劇場版テンペスト3D」の吉村芳之。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

稀代の俳諧師、小林一茶(リリー・フランキー)。牧歌的な人物として語られがちな彼の生涯は、孤独と苦悩に満ちたものだった。継母さつ(中村玉緒)との折り合いが悪く、家に居場所がなかった一茶は江戸へ奉公に出される。どこの奉公先でも長続きしない一茶だったが、やがて俳句の世界に独自の感性を表現する術を見出し、俳諧師となる。しかし、能力を認められる一方で、耽美な表現を評価する当時の俳諧において一茶の句は田舎俳諧と揶揄され、彼の生活は貧しいものだった。やがて父・弥五兵衛(石橋蓮司)が逝去、その遺言を巡って一茶は自らの家族と争うことになる。確執を遺しながらも故郷に戻って家庭を持った一茶だったが、若い妻・菊(佐々木希)と幼い子に相次いで先立たれてしまう。だが深い失意の中でも尚、一茶は自らの性分に突き動かされ、句を詠み続けるのであった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
125分

[c]2017「一茶」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?