ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

2018年6月29日公開,135分
  • 上映館を探す

『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの知られざる過去を描くSFアクション。愛機ミレニアム・ファルコン号や相棒チューバッカとの出会い、ソロが愛すべき悪党になっていくさまが描かれる。新鋭オールデン・エアエンライクが若き日のソロを演じる。監督は『ダ・ヴィンチ・コード』のヒットメーカー、ロン・ハワード。

伝説は永遠に…完結記念『スター・ウォーズ』特集

豊富なニュースとコラムで「SW」の魅力を再発見 PR

エンタテインメント史に金字塔を打ち立てた人気シリーズが、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(4月29日MovieNEX発売)でついに完結。本特集では、これまでの豊富な記事と新規コラムで「SW」の魅力を再発見!

予告編・関連動画

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

銀河一のパイロットを目指し、帝国軍のフライトアカデミーに入るも追放され、チューバッカと共に悪党ベケットのチームに加わったソロ。ギャング界のボス、ドライデンの仕事を請け負うことになり、宇宙船を探す彼らは腕利きの運び屋ランドと出会う。そして、彼の自慢の船、ミレニアム・ファルコン号を巡って、カードゲームで対決する。

作品データ

原題
SOLO: A STAR WARS STORY
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間
135分

[c]2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.7
  • づーめ

    4
    2018/11/24

    興行的にローグ・ワンよりイマイチだったらしいけど、自分は悲壮感漂うアッチよりコッチの方が好きかも。
    ストーリーも王道で単純明快だし、ハン・ソロの物語ならこうじゃなくっちゃね、という要所を押さえてあったのが好印象。
    でも、あの赤い人が出てくるのは知らなかった・・・やっぱ生きてたんかいー!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • taeyeonpen

    4
    2018/8/26

    続編に対するフリが満載なので、ぜひ回収を。オビ・ワン・ケノービのスピンオフが白紙になったとかならないとかですが、続きが見れないのは残念です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • どすん

    3
    2018/8/26

    StarWarsのスピンオフでロン・ハワード監督です。

    久しく映画館に行ってないので

    同じようなスピンオフであったのが
    『ローグ・ワン』
    って、あのレイア姫がなぜ設計図を持っていたのかという
    EpⅢとEpⅣとをつなぐ部分でした。

    今回は、ハン・ソロとチューバッカの友情をってなところなんでしょうか。
    時代背景としては
    やっぱり、Ep4前あたり。
    そもそもStartWarsの設定でEp1~3の辺りで触れなかったところを狙ってるんでしょうね。
    おおよそ、Ep4で出てくる単語も多く出てきます。
    タトゥーインのジャバ・ハットや、
    あのミレニアム・ファルコンにあったチャーム、
    ランドとの腐れ縁の始まりなどなど。

    新キャラなのか、それが誰かに続いていくのか・・・
    ってのはなんとなくわかるレベルなので見落としも多くあるとは思いますが・・・

    若いハンは、惑星コレリアで盗みをしながらせいかつしていた。
    今回大きなヤマ「コアクシウム」を当てたハンは恋人のキーラとともにどこか別の世界で暮らすことを夢見て。
    ハンのボスであるレディ・プロキシマに上納せず、追手を逃れて、空港へ。
    そこで、ハンは帝国軍歩兵として惑星から出て、キーラは捕まってしまう。
    ハンはパイロットになって彼女を迎えに来ることを誓っていた。

    ハンは最前線での戦いに嫌気をさしていた頃、チューバッカと出会い、盗賊のベケットと知り合いとなって
    彼の運命が変わっていく。

    それぞれの生い立ちを埋めるためにスピンオフの盛り上がりを見せるわけなんですが・・・・

    ローグ・ワンの時にはある1つの事柄について結構自由度が高かった感じでしたが、こんかいはいろんなものを盛り込みすぎて、あらすじを少し膨らました感じでした。
    なので、あの最後のアレも
    「ふ~ん」
    って見て
    「えっ!!」
    って感じでした。

    ロン・ハワード監督っぽい?、
    淡々とした物語でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告