デイズ・オブ・サンダー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
デイズ・オブ・サンダー
デイズ・オブ・サンダー
-

デイズ・オブ・サンダー

1990年6月29日公開、108分
  • 上映館を探す
  • みたい
    0
  • みた
    16
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ストックカー・レースに生きる青年が、様々な経験を積んで成長してゆく姿を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェラルド・R・モーレン、製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー、監督は「リベンジ」のトニー・スコット、脚本はロバート・タウン、音楽はハンス・ジマーが担当。出演はトム・クルーズ、ロバート・デュヴァルほか。

配信で観る

ストーリー

ノース・カロライナ州にあるシボレーのディーラー、ティム・ダランド(ランディ・クエイド)は、レースカーのビルダーとして名を博したハリー(ロバート・デュヴァル)に、レースの話を持ちかける。気の進まぬハリーに、ティムはl人の青年を紹介した。レース場のトラックでバイクにまたがったその青年コール・トリクル(トム・クルーズ)は、とてもカーレースなどやるようなタイプには見えない。しかし彼は一旦ローディ・バーンズ(マイケル・ルーカー)の車に乗り込むとコース内を爆走し、ローディのトライアル・タイムを一気に追い抜いてしまった。ローディは憤慨したが、ティムは大喜びし、ハリーもコールをドライバーに迎えての車改造を承諾した。ティムとハリー、コールはデイトナ・レースでの優勝を誓い合う。しかし、タイムにこだわりすぎるコールはなかなかその実力を発揮することができない。ハリーはそんなコールに勝負を挑み、自分のやり方を教えこむ。かくしてコールは見る見る上達し、トップドライバーに成長した。波に乗るコールだったが、ある日レース中に大事故に巻き込まれ重傷を負う。ヘリコプターで病院に運ばれた彼はそこで美人女医のクレアに出会った。コールはたちまち彼女に心奪われた。奇跡的に助かり再びレースに復帰したコールだが、今度はローディの車ともつれ合いになり2人の車は大破してしまう。コールは無事だったが、ローディはひどい怪我を負い、再起不能となってしまった。そしてその時からコールはレースに対する恐怖心を抱くようになっていた。その頃新しくチームに入った若者が次第にコールのライバルとなる。ハリーにも見放され、荒れるようになりクレアに当たり散らすコールだった。失意の日々を送るコールだったが、自分の恐怖心を克服し、もう一度デイトナ・レースに挑戦することを決意する。コールの変化に気付いたハリーは新しい車を組み立てることに同意した。クレアも協力を惜しまなかった。そして待望のデイトナ・最終レース。危ない場面も無事に切り抜け、観客のどよめきの中コールは見事優勝を勝ちとるのだった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Days of Thunder
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画=UIP
初公開日
1990年6月29日
上映時間
108分
製作会社
パラマウント作品


[c]キネマ旬報社