凸凹スキー騒動:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
凸凹スキー騒動
凸凹スキー騒動

凸凹スキー騒動

1951年6月26日公開、0分、コメディ
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「スタリオン街道」のアレックス・ゴットリーブが製作した1943年アボット=コステロ映画で、トルー・ボードマンの原作を、ロバート・リース、フレデリック・I・リナルド、ジョン・グラントが脚色「ダイナマイト夫婦」のチャールズ・ラモントが監督した。撮影は「凸凹持逃げ騒動」のチャールズ・ヴァン・エンジャー、音楽は「凸凹カウボーイの巻」のチャールズ・プレヴィン。主役2人のほか、「わが谷は緑なりき」のパトリック・ノウルズ、ジニー・シムズ、エリイズ・ノックスらが共演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アマチュア・カメラマンのフラッシュ(アボット)とウィイジイ(コステロ)は、偶然銀行泥棒をスナップしてしまったことから賊に追われ、雪の山におびきよせられた。2人はそこでエリオット博士(パトリック・ノウルズ)と看護婦ペギイ(エリーズ・ノックス)と仲良くなり、またジミイ・ロング楽団の歌手マルシア(ギニー・シムズ)とも知り合った。悪漢達は2人からネガを巻きあげようとして失敗すると、博士とペギイを監禁したが、それを救おうとした2人組も逆にとじこめられてしまった。しかし2人は悪漢の目をかすめ、銀行からの掠奪品をうばい返して逃げ出した。追いかけて来た賊に向かって、ウィイジイは雪の球に入り込み、雪崩となってぶつかったため、悪漢は潰されてしまった。博士とペギイが恋を囁いているのを見たマルシアは、ウィイジイに向かって胸の悩みを打ち明けた。彼は有頂天になったものの、よくよく聞けば彼女の相手とは、バンド・マスターのジョニイ・ロングなのであった。

作品データ

原題
Hit the Ice
製作年
1943年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分
製作会社
ユニヴァサル映画
ジャンル
コメディ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?