ムーンライト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ムーンライト

2017年3月31日公開,111分
R15+
  • 上映館を探す

マイアミを舞台に、一人の少年の成長を、少年期、青年期、大人になるまでと、3つの時代構成でつづり、数々の映画賞に輝いた人間ドラマ。自分の居場所を探し求める主人公の姿を色彩豊かな映像美で描いたのは、本作が長編監督第2作となる新鋭バリー・ジェンキンス。ブラッド・ピットが製作総指揮を務める。

予告編・関連動画

ムーンライト

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

内気な性格からシャロンは学校ではオカマとからかわれ、いじめられている。その言葉の意味すらわからない彼にとって同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある夜、月明かりが輝く浜辺でシャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れるようになる。

作品データ

原題
MOONLIGHT
映倫区分
R15+
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ファントム・フィルム 提供:ファントム・フィルム/カルチャアパブリッシャーズ/朝日新聞社
上映時間
111分

[c]2016 A24 Distribution, LLC [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.3
  • 絶対色気値

    5
    2017/11/23

    いじめられっ子の少年が青年期、大人になるまでと、3つの時代でつづった一人の黒人の青春。

    自宅で売春するドラッグ中毒の母親。自分の居場所がない主人公が見つけた数少ない居場所の一つは同級生の友人、そしてもう一人が薬の売人だった。青年は成長し、友人に対し密かな想いに気づくこともあったが、ある事件が発端で逮捕、出所後本人も売人となる。
    描かれる世界は最低の家庭と環境だが、かすかな希望を美しい映像で描く。

    観ているあいだ、ずっとカメラに違和感のようなものがあった。ときに繊細だったり、ある時はスリリングだったり、ときには鬱陶しいくらいに客観的だったりとカメラが動きまわる。その違和感は次第に映画の楽しさに変わっていくのだが。
    LGBTQをテーマした内容も含め観たことのないオリジナリティであり美しい印象。アカデミー作品賞の逸品。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • どすん

    3
    2017/6/17


    今年のアカデミー作品賞です。

    まぁ、授賞式には
    いろいろありましたww

    ぱっと見た瞬間には
    ラ・ラ・ランドと思って疑わなかったんですが(笑)

    まさかの訂正。

    訂正までして、正したかった作品を見てきました。

    アカデミー作品賞の中には
    若い監督のスマッシュ作品が必ず1作入るのが通例です。
    2016年はたぶん、ルーム
    2015年はセッション
    2014年はネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
    2013年はハッシュパピー バスタブ島の少女
    2012年はたぶん、ヘルプ~心がつなぐストーリー~
    です。

    今回もそんな感じかなって思いきや、受賞してしまいました。
    テーマは、予告でもわかる感じのマイノリティ。

    映画は3部仕立て。

    1.リトル
    シャロンは少年時代、リトルと言われいじめられていた。
    ある日、学校のいじめっ子から逃れるために街の麻薬街に入り込み、空き家に隠れる。
    そこで、麻薬の売人フアンに出会う。
    口をきかなかったが、徐々に喋りはじめ、本当の母親よりもフアンの妻テレサに語るようになる。
    シャロンの母、ポーラは麻薬中毒できつくシャロンにあたっていた。

    友達のいなかったシャロンだが、唯一ケヴィンだけは彼の事をわかってくれていた。
    自分が他と違うことを認識初めていた。
    フアンはシャロンに自分で道を選べと語る。

    しかし、あることがきっかけでフアンの元を去ることになる。

    2.シャロン
     高校時代もシャロンはいじめられていた。
    彼も、ゲイとして認識し始めていたころであった。
    母親のポーラは薬代のために体を売り、シャロンの居場所はさらになくなっていた。
    彼はテレサの家に泊まるが、ある日テレサの家に行くことができなくなったとき
    浜辺でケヴィンと出会う。
    ケヴィンは、彼の事を「ブラック」と呼んでいた。
    そこで、人生で一番の時に出会う・・・

    しかし、翌日かれは最愛のケヴィンに殴られる状況となる。
    それは、いじめっ子のテレルの差し金であった・・・

    3.ブラック
     テレルへの障害で服役したシャロンは、アトランタに移動し、フアンの後を継ぐように売人となっていた。
    麻薬厚生施設に居る母と和解した頃、ケヴィンから電話がある。
    ケヴィンはレストランで働いており、一度来ないかと誘いを受ける。
    ケヴィンとの再会の後、本当の自分を見せ始める。

    残念ながら、予告でなんとなく話が読めてしまいました。。。。
    1、2まではよかったんですが、
    3のブラックは切なすぎてやれませんでした・・・
    それが狙いなら、ハマッたことになりますが・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ルーク★

    4
    2017/5/27

    とにかく、きれいなぐらいの純愛映画だった。いろんな見方が出来る映画だと思う。いろんな角度で見てほしい

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告