ディストピア パンドラの少女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ディストピア パンドラの少女

2017年7月1日公開,111分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

奇病によって人間が人肉を喰らう怪物となった荒廃した近未来を舞台にした、M・R・ケアリーによるベストセラーSF小説を映画化したサスペンス・スリラー。奇病に感染しながらも高度な知能を持つ少女メラニーと、彼女に希望を託す人々の姿が描かれる。500人を超えるオーディションでメラニー役に選ばれた新人セニア・ナニュアは数々の映画賞を受賞。

予告編・関連動画

ディストピア パンドラの少女

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

突然変異した真菌に感染し、多くの人間が思考能力をなくし、生きた肉を喰らう怪物“ハングリーズ”と化した近未来。残された数少ない非感染者は壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんななか、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する子供たちの研究が行われ、高い知能を持った少女メラニーが現れる。

作品データ

原題
The Girl with All the Gifts
映倫区分
PG12
製作年
2016年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
クロックワークス
上映時間
111分

[c]Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2017/7/12

    感染系ゾンビパンデミックSFホラーって意味がイマイチ飲み込めなくて観賞。
    バイオハザード的流れだが汚染源物質が 真菌ってかキノコ系ってのは面白い。
    胞子が体内に入ると発芽し菌糸で脳支配。生蛋白質捕食者に変異。やがて菌糸体が体外成長して胞子嚢を形成。もう冬虫夏草のまんま。
    面白いのは感染体が音と臭いに反応し襲いかかる設定。
    キモは感染しても知能と理性を保つ共生体なセカンドチルドレン少女。彼女に治療の活路を見出だそうとする大人たちの様々な対応が見所。最後の望みである少女の言葉と行動が全てを語る。
    結果“地球最後の男”と真逆。深い作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2017/7/4

    今までとは違ったゾンビもの?
    ウイルスと共生できる世代の少女の話?
    ラストは疑問も残るけど、面白かった。

    違反報告