ヒトラーへの285枚の葉書:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ヒトラーへの285枚の葉書
ヒトラーへの285枚の葉書
3.5

ヒトラーへの285枚の葉書

2017年7月8日公開、103分、戦争/歴史
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    9
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録を基に執筆した小説『ベルリンに一人死す』を映画化。1940年、恐怖政治に凍てつくベルリン。ヒトラーの忠実な支持者だった平凡な労働者夫婦が、一人息子の戦死をきっかけにナチス政権へ絶望的な闘いを挑む。出演は「ウォルト・ディズニーの約束」のエマ・トンプソン、「未来を花束にして」のブレンダン・グリーソン、「僕とカミンスキーの旅」のダニエル・ブリュール、「悪党に粛清を」のミカエル・パーシュブラント、「パッション・ベアトリス」のモニーク・ショメット。「王妃マルゴ」「インドシナ」などの俳優として知られるヴァンサン・ペレーズによる長編監督第3作。

配信で観る

ストーリー

フランスがドイツに降伏した1940年6月。戦勝ムードに沸くベルリンの古めかしいアパートで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のもとに一通の封書が届く。それは最愛の一人息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」とヒトラーへの怒りのメッセージをポストカードに記し、アンナとともにそれを密かに街中に置く。夫婦はささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されていくが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの捜査が二人に迫りつつあった……。

予告編・関連動画

ヒトラーへの285枚の葉書

予告編

2017/6/1(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
JEDER STIRBT FÜR SICH ALLEIN
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
ドイツ=フランス=イギリス
配給
アルバトロス・フィルム(提供:ニューセレクト)
初公開日
2017年7月8日
上映時間
103分
ジャンル
戦争歴史

[c]X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016
[c]キネマ旬報社