海辺の生と死|MOVIE WALKER PRESS
MENU

海辺の生と死

2017年7月29日公開,155分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「死の棘」の原作者である島尾敏雄とその妻・島尾ミホの出会いの物語を「アレノ」の越川道夫監督が、満島ひかり主演で映画化。太平洋戦争末期の奄美を舞台に、島に駐屯する海軍特攻艇部隊隊長・朔と国民学校教師・大平トエが、恋に落ち結ばれるまでを映し出す。共演は「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」の永山絢斗、「帝一の國」の井之脇海、「バンコクナイツ」の川瀬陽太、「かぞくのくに」の津嘉山正種。音楽は「お盆の弟」の宇波拓。

予告編・関連動画

海辺の生と死

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和19年(1944年)12月、奄美カゲロウ島。ある日、国民学校教員として働く大平トエ(満島ひかり)のもとに、島に新しく駐屯してきた海軍特攻艇部隊隊長・朔中尉(永山絢斗)が兵隊の教育用に本を借りたいとやって来る。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれ、やがてトエは朔と逢瀬を重ねるようになっていく。しかし、時の経過と共に敵襲は激化、沖縄は陥落し、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
フルモテルモ=スターサンズ
上映時間
155分

[c]2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2017/8/6

    若い頃に「死の棘」を読んで以来、島尾敏雄のファンです。こうして島尾夫妻の出逢いが映像化されるのは、感無量です。ヒロイン演じる満島ひかりの熱演が素晴らしい。津嘉山正種も円熟の極み。
    なぜこれほどの名作が都内で1ヶ所しか上映されないのだろうか。ちなみに私は出張帰りに静岡駅前で観ました。

    違反報告