世界にひとつの金メダル:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
世界にひとつの金メダル
世界にひとつの金メダル

世界にひとつの金メダル

2017年6月17日公開、130分、伝記
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ソウル五輪で金メダルを獲得した選手と小柄な馬の成長を「よりよき人生」のギョーム・カネ主演で活写。幼い頃から父の指導を受け障害飛越競技に打ち込んできたピエール。弁護士の道を捨て、気性の荒い若馬ジャップルーや父とともに再び競技に挑戦するが……。ギョーム・カネは脚本にも携わり、スタントを使わず自ら騎乗し撮影に臨んだ。ほか、息子を愛情深く指導する父を「あるいは裏切りという名の犬」のダニエル・オートゥイユが、ピエールの妻を「隠された日記 母たち、娘たち」のマリナ・ハンズが演じる。監督は「ココ・シャネル」のクリスチャン・デュゲイ。2016年2月28日、日本橋三越本店乗馬サロンピアッフェにてアジア初上映(上映会タイトル:「ピエールとジャップルー 小さな大障害馬」)。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フランスの美しい田園地帯ドルドーニュ地方で育ったピエール・デュラン(ギョーム・カネ)は、幼少の頃から父セルジュ(ダニエル・オートゥイユ)から馬術の指導を受け、障害飛越競技に打ち込んできた。成長したピエールは父の期待から逃れるように都会で弁護士となりキャリアを積むが、次第に彼の胸にかつての情熱が蘇ってくる。障害飛越競技は父ではなく自分自身の夢であることに気付き、エリート弁護士のキャリアを捨て、一度は諦めた選手の道に戻る。そんな折に出会ったのは、気性が荒く小柄な若馬ジャップルー。人間を全く信じておらず競技馬としては欠点だらけだったが、高い跳躍力と才能を秘めており、ピエールはジャップルーをパートナーに選択。父親と二人三脚で練習を重ね、ピエールとジャップルーは次々に高い成績を収め、ついに1984年ロサンゼルスオリンピックに出場。しかし国民からの期待がかかるなか大失敗をおかしてしまい、屈辱感から、父に責任を擦りつけてしまう。馬術を辞めようとしたものの、妻ナディア(マリナ・ハンズ)と厩務員ラファエル(ルーデ・ラージェ)に支えられ、ジャップルーとの信頼関係を築き上げるピエール。そして、1988年ソウルオリンピック出場のチャンスを得る――。

作品データ

原題
JAPPELOUP
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
フランス=カナダ
配給
レスペ
上映時間
130分
ジャンル
伝記

[c]2013 - ACAJOU FILMS - PATHE PRODUCTION - ORANGE STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION - CANEO FILMS - SCOPE PICTURES - CD FILMS JAPPELOUP INC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /2件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?