空飛ぶタイヤ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

空飛ぶタイヤ

2018年6月15日公開,120分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「半沢直樹」や「下町ロケット」など数々のテレビドラマ化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名小説を初めて映画化した、長瀬智也主演の人間ドラマ。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が、独自の調査を開始し、衝撃の事実を突き止める。ディーン・フジオカや高橋一生ら注目の俳優たちが脇を固める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

トレーラーの脱輪による死傷事故で整備不良を疑われた運送会社社長の赤松は、世間やマスコミからバッシングを受けるが、独自に調査を始める。そして、車両の構造そのものに欠陥があるのではと気付いた赤松は製造元のホープ自動車へ再調査を要求。同社の沢田は赤松の要求を疎ましく思いながらも調査を進め、社内でひた隠しにされる真実の存在を知る。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
120分

[c]2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    コージィ

    2.0
    2018/7/7

    池井戸ファンタジー全開。 とにかく主人公をこれでもかこれでもかと痛めつけ、追い込み、もうダメってなった瞬間に大逆転! この『半沢直樹』同様な快感原則のカーブを、本作でも見事に作っていた。 ただ、「やり過ぎ感」が強く。 某財閥系ふそう社のリコール隠し事件がモデルだが、岸部一徳の演じる悪役が「ここまで酷くはないだろう」ってくらい強調してて、カリカルチュアがキツイ。 正義側も、長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生と濃く、また脇も名優ぞろいなのだが、やたら演技が臭い演出がされていた。 映画という時間制約によって、尺が短いせいだろうか? 説得力のあるシーンより、感情的な共感を呼ぶシーンをセレクトしたため、話の展開にも無理があるように感じてしまう。 おかげで、観た直後は高揚感を覚えるものの、ちょっと時間が過ぎて冷静になったら、「ファンタジー色が強い!」「ありえねぇ!」という印象が増してくる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    McCOY

    4.0
    2018/6/28

    当たり前のことを当たり前に認めてもらうのに とんでもない努力をしなくちゃならない世界。 主題歌の歌詞ではないが、生きてくのはしんどい。 努力の果てに赤松の会社は救われたけど、 家族を失った遺族と、 非はなくとも人を殺してしまったドライバーの地獄は永遠だ。 被害者の夫から責められた赤松がその晩に帰宅し、 我が子の寝顔を見て涙するくだりで私も目が潤んだ。 不祥事のイメージがつきまとう組織にも 真摯に働いている人は必ずいる。 切実に生きる者たち全てに幸運を、と心から思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2018/6/28

    【賛否両論チェック】 賛:四面楚歌の状況下にあっても、諦めることなく戦い続ける主人公達の姿が痛快で、胸がすく思い。豪華なキャストやサザンオールスターズの主題歌も魅力的。 否:展開はかなりのご都合主義で、内容も少し難解か。  自社のトラックが事故を起こし、苦境に立たされる中でも、社員を信じ守るために孤軍奮闘する赤松の姿は、観ていて胸を打つものがあります。一方でそんな赤松の行動が故に、遺族をさらに傷つけてしまう辺りは、切なさも感じさせます。  そして片や組織の中にあって、赤松と同じように疑問を抱き、各々の立場から戦いを挑んでいく沢田や井崎の姿も、また魅力的に映ります。日本の経済を覆うような超巨大財閥企業を前にして、果たして3人がどのように戦っていくのか、その辺りも見どころです。  やや展開が都合よく進みすぎる感はありますが、そこをツッコむのは野暮ですね(笑)。キャストもかなり豪華ですので、全ての働く人にオススメしたい、痛快な人間ドラマといえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2018/6/21

    映画を見てから原作に目を通しました。 ここ!という描き方が原作のメリハリには及んでいないと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2018/6/19

    車が空を飛ぶカッコいいカーアクション映画だと思っていました。 実際は、タイヤが空を飛んで、大惨事になる御話でした。 大惨事は、大きな力により捩伏せられます。 人生において、よくある事です。 真実を証明するのは大変な事。 諦めない事は大変な事。 でも、真実は人を惹きつけます。 悪事は、何処かで人を遠ざけます。 沢山の人達で大きな組織と戦う。 人との繋がりがとても大切な事だと思えた。 もはや、「それさえ有れば」とさえ思えた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    4.0
    2018/6/18

    どこかで見たことのあるような話だな、と思っていたら、日本の各地で起きている現象だなと感じました。巨大企業の前に大半の犠牲者は泣き寝入りだということを再確認した次第。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告