勝手にふるえてろ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

勝手にふるえてろ

2017年12月23日公開,117分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を松岡茉優主演で映画化したキュートなラブ・コメディ。10年間片思いを続ける中学時代の同級生と、人生で初めて告白してくれた彼氏との間で揺れ動くヒロインの思いが描かれる。片思いの相手、イチをDISH//の北村匠海、会社の同期で彼氏のニを映画監督としても活躍する渡辺大知が演じる。

予告編・関連動画

勝手にふるえてろ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

絶滅した動物をネットで調べるのが趣味という24歳のOLのヨシカは、中学時代の同級生イチに10年間片思いをしている。ある日、同じ会社で営業として働く同期のニに告白されるが、タイプではないため、冷たい素振りをしてしまう。ニがいてもイチへの気持ちが上回ってしまうヨシカは、同級生の名を騙いて同窓会を計画し、遂にイチと再会を果たす。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
117分

[c]2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • rikoriko2255

    fig262

    5.0
    2019/10/22

    原作は随分昔に読んでいて、映画化の時にあまりにも設定が違うことがショックで、劇場へは観に行かなかったのやけど、CSの放送で観て、とても良かった。これはこれで。松岡さんのインタビューも見られたし、本当に、ヨシカだった。というか綿矢りさの小説に出てくる主人公を、全部足したみたいなイタさって言うか、とても良かった。色味も世界観もとても好き。ただ、原作は全身全霊でぶつかって行って木っ端微塵になるところが重要と言うか、主題なので、名前覚えてもらってなかったくらいであんなにあっさり諦めて、そこはそうじゃない・・と思った。でも渡辺君も本当にニで、そこもめちゃくちゃ良かったけど、何故私たちは二になれないのだろう、二が羨ましい、私も自分が一番好きな人と付き合いたい。これは原作を読み終わった後も散々考えた感想だった。それと、結構童貞は取り上げられるけど、処女にはフューチャーされてなかったので、そこも良かった。女の子の片想いの痛さとか妄想とかが、しかも漫画原作じゃなくて、実写化されたのはとても良かった。キャスティングがナイス過ぎるし、この人たち以外考えられない!夜景の撮り方もめちゃくちゃ好きだった(ベランダのシーン最高!)多少文句書いてますけど大好きです。すぐにまたもう一度観よう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/8/31

    原作は綿矢りさの同名小説。24歳男性経験なしのこじらせOLヨシカ。突然告白してきた職場の同期二と、中学生から10年間思い続けている初恋相手イチとの間で揺れ動く。イチを選べばずっと心配で落ち着けないが二なら幸せになれる、みたいな最初のくだり、本当によくわかる。最終的に二を選ぶラストはとても現実的だなあと思った。言動、行動の端々から出る拭いきれない拗らせ感、ここまでではないけど自分も含め多くの人の共感を呼ぶこと間違いなしの作品。まあいってもまだ24だしあの可愛さなら軌道修正可能すぎるだろ、とは思ってしまうが。そもそも渡辺大知目当てで見たけどやっぱりたまらん可愛い。ラストにヨシカの家でヨシカに対して言った発言の多く、くるみが多少のいじわる心がないといえば嘘になるかもがしれないがでも人間ってそんなもんじゃん、とか、正直まだ愛してはいないけどかなりちゃんと好き、とか諸々わかりすぎて心に刺さった。言葉に力がある小説なんだろうなと、原作が気になった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告