特攻サンダーボルト作戦:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
特攻サンダーボルト作戦
特攻サンダーボルト作戦

特攻サンダーボルト作戦

1987年6月20日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ハイジャックされた人質を救出するイスラエル軍特殊部隊の活躍を描く。製作はエドガー・J・シェリックとシドニー・ベッカーマン、監督はアーヴィン・カーシュナー、撮影はビル・バドラーが担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ピーター・フィンチほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1976年6月27日、テルアビブ発パリ行きのエール・フランス機139便が、アテネ空港出発30分後にハイジャックされた。乗客は245人、その中にユダヤ人90名が含まれている。飛行機はリビアのベンガジ空港を経て、ウガンダのエンテベに着陸した。イスラエルのラビン首相(ピーター・フィンチ)はダン・ショムロン准将(チャールズ・ブロンソン)を司令官に150人の精鋭部隊が組織した。エンテベでは空港ロビーが人質の宿舎となっており、イスラエル人(ユダヤ人)以外の人質全員が解放された。テロリストたちの要求は世界各国に拘留されているゲリラ53人を釈放せよ、というのだ。要求のタイム・リミットは7月4日午前11時。その前日の3日午後11時2分、救出部隊がエンテベ空港に着陸、ロビーのゲリラ7人を撃ち殺し、人質全員を乗せて離陸するまで、わずか53分の救出作戦だった。

作品データ

原題
Operation Thunderbolt
製作年
1976年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
0分
製作会社
エドガー・J・シェリック・アソシェーツ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?