ラプラスの魔女:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ラプラスの魔女
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2018年5月4日公開、115分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

著作が日本だけでなく、韓国などでも映像化されるなど、国内外で人気の作家・東野圭吾のデビュー30周年記念作を、三池崇史監督が主演に櫻井翔を迎えて映画化したミステリー。不可解な事件の謎に挑む大学教授がさらなる事件に巻き込まれていくさまが描かれる。自然現象を予言するヒロインを広瀬すず、彼女が追う青年を福士蒼汰が演じる。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

温泉地で初老の男性が硫化水素中毒で死亡し、地球化学の専門家・青江は警察の依頼で事故現場の調査を行う。計画殺人は実行不可能と事件性を否定するが、数日後、別の都市で同様の事件が発生し、2人の被害者は顔見知りだったことが判明。行き詰まる青江の前に事件の秘密を知る人物の行方を追っているという謎の女・円華が現れる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
115分
製作会社
映画「ラプラスの魔女」製作委員会(東宝=KADOKAWA=ジェイ・ストーム=電通=ジェイアール東日本企画=KDDI=OLM=トーハン=GYAO)(制作プロダクション:東宝映画=OLM/制作協力:楽映舎)
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2018「ラプラスの魔女」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5 /19件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?