暗黒の命令:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
暗黒の命令
暗黒の命令

暗黒の命令

1952年4月3日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「潜航決戦隊」のW・R・バーネットの原作小説に基づき、「海洋児」のグローヴァー・ジョーンズ、「令嬢画伯」のライオネル・ハウザー、「われら自身のもの」のF・ヒュー・ハーバートの3人が共同脚色し、「大雷雨」のラウール・ウォルシュが監督した1939年度作品。撮影は「ダコタ高原」のジャック・マータ、音楽監督はヴィクター・ヤング。主演は「キー・ラーゴ」のクレア・トレヴァーと「リオ・グランデの砦」のジョン・ウェインで、「赤きダニューブ」のウォルター・ピジョン、「愛馬トリッガー」のロイ・ロジャース、ジョージ・ギャビー・ヘイス、ポーター・ホール、マージョリー・メインらが助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

19世紀、南北戦争の起こる前のこと。ボブ(ジョン・ウェイン)はグランチ(ジョージ・ギャビー・ヘイス)と共に、新天地を求めてカンサスに来た。ボブはフレッチ(ロイ・ロジャース)と知り合い、その姉メリー(クレア・トレヴァー)に惹かれて結婚を申し込んだが、にべもなく断られる。町に保安官の選挙があり、メリーの恋人カントレル(ウォルター・ピジョン)が立候補していることを知ったボブは自らも立候補して当選し、カントレルは憤って夜盗の親玉になって街を荒らし始めた。その頃、南北戦争が勃発した。フレッチの父マックロードは銀行家だが、私腹を肥やしているという噂のために民衆の襲撃を受け、殺された。フレッチはすべてボブの仕業だと思い、仇討ちを決意してカントレルの一味に加わる。メリーはカントレルと結婚したが、彼女が苦境に立った時、助けてくれたのはボブだった。カントレルは、ボブを幽閉する。それを知ったフレッチはボブの潔白を知り、彼を救い出してメリーと3人で逃亡する。カントレルは3人の後を追ったが、自分の家の家政婦のため殺された。かくしてメリーとボブは、新しい生活を求めてテキサスに向かうのだった。

作品データ

原題
Dark Command
製作年
1939年
製作国
アメリカ
配給
リパブリック日本支社
上映時間
0分
製作会社
リパブリック映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?