エタニティ 永遠の花たちへ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エタニティ 永遠の花たちへ

2017年9月30日公開,115分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『本を読むひと』がフェミナ賞最終候補作となったアリス・フェルネの原作小説を、「ノルウェイの森」のトラン・アン・ユンが映画化。19世紀、フランス。ヴァランティーヌは親が決めた婚約を破棄するが、それでも諦めない彼の純粋さに惹かれ、結婚を決める。出演は、「ココ・アヴァン・シャネル」のオドレイ・トトゥ、「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロラン、「アーティスト」のベレニス・ベジョ、「SAINT LAURENT サンローラン」のジェレミー・レニエ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

19世紀末のフランス。色とりどりの花々が咲き誇る広い庭のある邸宅で育った17歳のヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ)は、先方からの希望でジュールと婚約するが、考えた末に解消する。しかし、ジュールは諦めず、ヴァランティーヌはそんな彼の純粋さに惹かれ、結婚する。ヴァランティーヌは6人の子供たちに恵まれるが、生まれて間もない赤ん坊が亡くなるという初めての不運が襲い掛かる。さらに結婚20年目を迎えた年にジュールが急逝する。第一次世界大戦が始まり、一番上の双子の息子たちが戦死する。二人の娘たち、マルゴとエリザベットの成長がヴァランティーヌの心を癒すが、エリザベットも病のために若くして亡くなる。しかし息子のアンリ(ジェレミー・レニエ)が幼なじみのマチルド(メラニー・ロラン)との結婚を決め、暗雲に覆われた日々に光が差し込む。マルゴが修道院へ入ることを決めると翳りを見せるが、初孫の存在がヴァランティーヌを元気づける。マチルドが姉妹同然に育った従姉妹ガブリエル(ベレニス・ベジョ)は、親同士が決めた相手、シャルル(ピエール・ドゥラドンシャン)と結婚する。最初はうまくいくか不安に駆られていたガブリエルだが、シャルルの誠実さに安らぎと情熱を見出していく。マチルドとアンリ、ガブリエルとシャルルは同じ建物の部屋に暮らし、ヴァランティーヌも二人を実の娘のように可愛がった。それぞれの子供たちも増えていき、大家族のような賑やかな日々が続くが、ヴァランティーヌと家族たちの運命に転機が訪れる……。

作品データ

原題
ÉTERNITÉ
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
フランス=ベルギー
配給
キノフィルムズ
上映時間
115分

[c]Nord-Ouest [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/7/1

    ずっと同じ調子で単調な流れですがじんわりキマス。なんだろう、涙腺にもくるんですよ。じんわりじんわり、と。 フランス19世紀の良家のお嬢さんのお話が中心人物を変えながら、過去へと戻りながら続きます。最後まで見れるかなと思う程単調でしたが見て良かった。 シャルルの誓いの言葉は素敵でした。最後のヴァランティーヌの「待ち望んだお迎え」は辛いけどその後の世代へ繋がっていく自然の形。 万人受けするとは言えない作品ですが良い映画だと思いました。父が亡くなった時に古い戸籍から父の幼少期や自分のルーツを知った時の事を思い出しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2017/10/13

    ストーリーに沿った物語が有る訳じゃない。 ひたすら美しく切り取られた場面場面の連続。 幸せや、不幸。 豪華な屋敷や美しい庭で生きる美しい人々の、受け継がれていく命。 それを切り取っている。 女の一生。がテーマかな。 美しく育て、妻に娶られ、沢山の子供を産み、子どもを、家族を愛し花のように笑って居る事を求められる。 嘆けば周囲が皆で支えてくれる。 ある意味、女が無知で幸せな時代。良家に産まれ、美しく育ったからこそ得られる幸せだけど。 そして幸せな事だけじゃないんだろうけど。 愛する夫が目の前で溺れていても、妻のするべきことは危険を冒して海に飛び込むことじゃなく、子どもたちを安全に家に連れ帰る事。 救けに行ったらきっとはしたないとか言われちゃうんだろうな。 その女たちの一生は更に代が進み、現代にも及ぶ。 子供を産み育てる事の大切さ、美しさの物語でも有るのかな。 彼女たちの誰かが先の時代で、立ち上がり、はみ出してくれたおかげで、今の私たち女性の一生は多岐にわたり選択肢に溢れている。 幸せを感じるのは難しくなったかもしれない。 でも、ありがとう・・だな。 兎に角誰もが美しく、絵になります。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/10/9

    A.トトゥやM.ロラン、J.レニエが好きだし、久々にトラン・アン・ユン監督の作品が見たくて鑑賞。 うーむ、こんなだっけ? 「青いパパイヤの香り」のようではない。全体にスキがないほど美しく穏やか。それぞれの人生に悲しい出来事があるけれど良家ゆえに皆、上品で反発とかそういったアンチや汚いものは存在しない。 セリフは少なく、人と人との関係性、そこにある景色、ピアノの音色がメインかと思うほどの静けさ。 マチルド、子だくさんにも関わらず体がボロボロでも産むって一族繁栄というか、昔は短命が多かったので子だくさんは当たり前なのかもしれないけれど、あれはいかがなものか。 この一族、誰しも世代を超えて絆が強く仲が良い。とてもいい子ちゃん的な映画でやや退屈。ほんの少しユーモアがあっても良かったな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告