バーフバリ 王の凱旋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バーフバリ 王の凱旋

2017年12月29日公開,141分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2016年にインド映画史上最高の興行収入を記録した「バーフバリ 伝説誕生」の続編となる歴史アクション。遥か昔に栄えたマヒシュマティ王国。自分が伝説の英雄バーフバリの息子だと知ったシヴドゥは、父の命を奪った暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む。主演はインドで数々の映画に出演してきたプラバース。本作では主人公とその父の二役を演じている。

予告編・関連動画

バーフバリ 王の凱旋

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

遥か昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥ(プラバース)は、父の家臣カッタッパ(サティヤラージ)から、裏切りによって命を絶たれ、王座を追われた父の悲劇を聞かされる……。かつて、カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリ(プラバース二役)は、自らが治める国を視察するため、忠臣カッタッパと共に身分を隠して旅に出た。その途中、クンタナ王国の国王の妹デーヴァセーナ(アヌシュカ・シェッティ)と恋に落ちるアマレンドラ。だが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァ(ラーナー・ダッグバーティ)が、アマレンドラとデーヴァセーナの仲を裂き、アマレンドラを王座から引き摺り下ろそうと邪悪な陰謀を企んでいた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァは、アマレンドラと生まれたばかりのその息子を亡き者にしようとする……。父アマレンドラはなぜ殺されなければならなかったのか?母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥは、マヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

作品データ

原題
Baahubali2-The Conclusion
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
インド
配給
ツイン
上映時間
141分

[c]ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.6
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2018/1/28

    【賛否両論チェック】 賛:愛を知り、その愛のために戦って散っていった父の勇姿と、そんな父の面影に突き動かされて戦い続ける主人公の姿が痛快。一大スケールのアクションも魅力的。 否:アクションはかなり都合が良いシーンが多く、インド映画特有の歌も入るので、好みは分かれそう。終わり方も呆気ない印象がある。  冒頭で詳しく説明をしてくれるので、前作の知識は最悪無くても大丈夫そうですが、本作では主人公の父の活躍からストーリーが紡がれていくので、知らずに観ると後半への感情移入がしづらいかと思います。  前半では、小国の王女に恋をした父、アマレンドラ・バーフバリが、自らの立場を危うくしながらも、毅然と大切な人を守ろうと奮闘する姿が、時にコミカルに、時に雄々しく描かれていきます。そして後半では、そんな父の最期を知った主人公、マヘンドラ・バーフバリが、仇への強い誓いを胸に群衆を率い、戦いを挑んでいく姿が痛快です。  前作に比べるとコミカルなシーンが多い感じもしますが、壮大なスケールのアクションも健在です。インド映画特有の歌や踊り、長い上映時間等、好みは分かれるかと思いますので、お好きな方は是非。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    5.0
    2018/1/25

    観終わってすぐ、バーフバリのファンになってしまった。 神話の時代のおとぎばなしって趣き。 インド版『キング・オブ・エジプト』と言ってもいい。 最期のバーフバリと簒奪王との戦闘シーンは、目からビームだけ出ない、スーパーマンとゾッド将軍の戦いみたいだったし。 踊りにも違和感がない。ハリウッドにおけるセックスと同じように、感情の高ぶりを表現するのに歌い踊るんだなぁ、と『ロボット』以来のインド映画鑑賞に再認識。 最後には『マッドマックス 怒りのデスロード』を観たあと、2週間くらい熱に浮かされ「V8 V8 V8を讃えよ」としか言えなかったときと同じモードに、私はなってしまったですよ。 「バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!」

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    5.0
    2018/1/8

     ズバリ!面白い!!  前作「バーフバリ 伝説誕生」は映画館で未見でしたが、先日、WOWOWで放送したのを鑑賞してすっかりハマってしまいました。  さすが世界で一番多く映画が作られている国(インド)だけに、「映画の面白さ、楽しさ」をわかっています。  そのため、映像、アクション、音楽等、「ツボ」はバッチリで、2時間21分の上映時間があっという間に感じられるほどの面白さでした。  まさに、映画館で観るべき映画です。そして、一人でも、友人とでも、恋人でも、誰と観ても盛り上がること請け合いです。  とはいえ、これだけ褒めまくっていても、首を切り落とすシーンや生きたまま火あぶりにするシーンがあり、あの「イスラム国」的発想が盛り込まれていたことに共感できなかったことも事実です!    

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告