きおく きろく いま:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
きおく きろく いま
きおく きろく いま
-

きおく きろく いま

2017年7月29日公開、17分、アニメ/戦争/ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「縄文号とパクール号の航海」の水本博之監督による短編アニメーション映画。長崎県出津教会のシスターに子供時代や原爆の記憶を話してもらい、その様子を4000枚の写真に印刷。それを長崎県大村市の人々がなぞって描き、1本のアニメーションに仕上げた。

ストーリー

幼少の頃から修道女として女部屋に入り、信仰とともに暮らしてきた長崎県出津教会の95歳のシスター・橋口ハセさん。彼女に貧しい子供時代や、原爆の救援に駆けつけたことなど、現代の生活からは想像しづらい体験をカメラの前で話してもらい、その様子を4000枚の写真に印刷した。それを長崎県大村市の人々になぞって描いてもらい、さらにそれを撮影して、インタビューをみんなでアニメーションにした。1000人以上の力を借りて、1人のシスターの95年を浮かび上がらせていく。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
(主催・共同主催:スナメリの詩プロジェクト、NPO法人おおむら里山村づくり委員会)
初公開日
2017年7月29日
上映時間
17分
ジャンル
アニメ戦争ヒューマンドラマ


[c]キネマ旬報社