散り椿|MOVIE WALKER PRESS
MENU

散り椿

2018年9月28日公開,112分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

直木賞作家・葉室麟の時代小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。妻の願いを叶えるために故郷へ戻った男が、不正をただすための戦いに挑む姿が描かれる。カメラマンとして数々の名作を手がけてきた名匠・木村大作が3度目の監督業に挑戦。『蜩ノ記』などでメガホンを握った小泉堯史が脚本を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

藩の不正を訴えるも、認められずに故郷を離れていた新兵衛は、病に倒れた妻の願いもあり、故郷へ戻ることに。妻の願いは、かつての友である平山道場の采女を助けてほしいとのことだったが、采女とは離郷に関わる大きな因縁があった。藩の不正事件の真相を突き止めようとする新兵衛はある確証を得たことで、采女と対峙することになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
112分

[c]2018「散り椿」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    2.0
    2020/7/19

    一言で言うと勧善懲悪の話なのですが、いろいろケレンを持たせては人を斬る、という造りになっています。 数々の殺陣のシーンは、それはもう芸術的に美しいです。 撮影カメラマンが監督業に進出して、撮りたい絵をこだわり抜いて撮っては並べたという映画なのでしょう。 こだわり。 その中には、剣と剣がぶつかって刀が歯こぼれするというリアルな点までが含まれているのだと思います。 でもストーリー的には、どうよ、と思うのですね。 お話はケレンだらけでグシャグシャで、爽快感がありません。 そういうわけで、この映画は、殺陣を鑑賞するための映画というべく、もしかしたら外国人に日本の美・あるいは芸術の深さを感じさせる意味でなら、値打ちのある映画なのかも知れません。 外国で公開されるのなら、の話ですけどね。 映画において、ケレンは必要最小限に留めないと、観ている側が困惑するだけの作者サイドの自己満足に陥りかねないのだな、と感じました。 そのほか、浪人時代の岡田准一の贅沢きわまりない暮らしぶりや、奥様の娘じみた服装について、時代考証の人は違和感を感じなかったのでしょうか。 若殿の初めてのお国入りが、馬に乗って、わずか数騎で……なんていう、およそあり得ない構図を、どうして許してしまったのでしょうか。 私はあらゆる部分に違和感を感じ、背中がモゾモゾしましたよ。 しょせん監督の器でない、単なる撮影カメラマンのこだわり映像集に過ぎない、と醒めた目で観るしかありませんでした。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2018/10/31

    【賛否両論チェック】 賛:亡き妻の想いを受けて帰郷した主人公と、義姉弟達や戦友との絆や、妻の真の想いを通じて、人間が生きていくことの儚さや尊さを思い知らされるよう。岡田准一さんの殺陣も必見。 否:悪く言うと、ただただ予定調和の中で話が進んでいくだけの印象。登場人物の関係性も入り組んでいて分かりにくいほか、映像もフィルム仕様でやや色が薄く見える。  まずフィルム仕様の映像なので、通常の映画よりもやや色合いが薄く見えます。古めかしい感じがあるので、もうその辺りから好き嫌いは分かれて来そうな感じでしょうか。  亡き妻との約束を果たすため、陰謀渦巻く故郷へと戻ってきた主人公。そこで紡がれていく義理の姉弟達との新しい絆に、生きていくことの尊さが垣間見えるようです。個人的には新兵衛の、 「大切なものに出逢えれば、それだけで幸せだと思っている。」 という言葉が印象に残りました。  そしてそんな新兵衛達や、かつての戦友をも飲み込んでいく陰謀の中で、最後に気づかされる亡き妻の本当の想いには、思わずグッと来ます。ラストは、大切なものを奪われた人間の怒りや哀しみが体現されているようで、圧倒されてしまいます。  良くも悪くも話はただただ淡々と進んで、予定調和の中であっさりと終わり、「ザ・定番の時代劇」という感も否めませんので、基本的には観る人を選ぶ作品といえそうですが、岡田准一さんの迫力満点の殺陣は、一見の価値ありです。気になった方は是非。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2018/9/28

    ひらパー兄さん(岡田准一)主演、木村大作監督作品。 前半、セリフも少なく、淡々と感情表現も抑え、たまにボソッとした会話…という演出で、単調さを覚える。 藩に潜む陰謀も、賄賂とお家騒動というところで、さほど特筆する特殊性はなし。 印象付けようという意図なのか、延々と同じテーマBGMが繰り返されて、イラっとする。 せっかくロケで自然と一体になった映像美を狙ってそうだったのに、音で台無しにされたような印象が強かった。 そんな前半から一転、後半に江戸から若殿がやってきて、様々な仕掛けが発動しきな臭くなったあたりから一気に引き込まれる。 ひらパー兄さんの殺陣だけ別次元。 かつての時代劇スターの放つ華やかなオーラではなく、「こいつの動き、本当に喉掻っ切れるんじゃね?」と思わせる殺陣ね。 実際の剣術ではなく、殺陣としての迫力ではありますが。 最後の大立ち回りは必見。 引き気味のカットで、ひらパー兄さんの身長の低さを隠さない潔さはすばらしい。 そして、正義の側を輝かせるのは、憎たらしい悪人の存在。 奥田瑛二がむちゃくちゃよかったなぁ。 キャスティングに関しては、素晴らしいの一言。 映画の肝は事件の真相解明ではなく、男女の恋愛と、生きていく上での心のありようだった。 少々、ひらパー兄さんの亡き妻への思いが強すぎ、メロドラマチックでもあったが、その奥にある妻の愛(と文字で書くと安っぽいけれど)が染みてくる。 時代劇が少なくなったこの時代に、よい作品が一つ生まれたな、と最後には思えました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2018/9/28

    話がつまらない。 脚本もつまらない。 映像はきれいだけれど、何が言いたい映画かわからなかった。 岡田准一をかっこよく見せるだけのための映画だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2018/9/28

    まず、岡田准一の殺陣が見事。筋書きは日本人の微妙な情緒がうまく表現されていて、近年の時代劇では最高傑作といって良いのではないか。じんわり涙が出て、余韻の長い味わい深い名作だと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/9/23

    四季折々の日本の風景。素早い剣客の動き云々、監督が何を撮りたいか一目瞭然。 カメラマン出身だから仕方ないのだが、観客の期待や創造を想定していないなぁと。 100%以上の力で臨んでいるであろう岡田准一。周囲キャストもゴリ押しはいない。それだからものすごく堅い。戦うシーンをもあるのに武士は感情起伏を乱さないこごとく悲しいかな、観客も乱れない。ここが問題。平坦さが時間を長く感じさせてしまう。力が入りすぎているような見てて疲れてしまう。 「愛のために」妻のことだが冒頭シーンがメインでその後彼女はカメオ出演的でそれがびっくり。洗髪するシーンに愛情表現を出されても、何か違うと、他にあるでしょう。なぜ、彼女が彼を選んだかなど。 あくまで男性、武士目線。役者たちの力量は買うけれどどれもこれも人生とは一筋という銘がつきそう。 ずばり時代劇好きな人向け。散り椿の美しさはどの女優も敵いません。CGではないよね?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2018/9/18

    時代劇はあまり好きじゃないせいか、淡々とし過ぎて、少し盛り上がりに欠け、睡魔も襲ってきた。 でもま~ぁ、美しい時代劇!!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告