終わった人:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
終わった人

終わった人

2018年6月9日公開、125分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“定年”をテーマに描き、同世代から絶大な支持を受けた内館牧子のベストセラー小説を、『リング』シリーズなどホラー作品を得意とする中田秀夫監督が映画化したヒューマン・コメディ。長年勤めてきた会社を定年退職したものの、退屈な日々に困惑してしまう、どこか情けない主人公を舘ひろしがユニークに演じる。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

終わった人

予告編

2017/12/26(火)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

定年を迎えた元銀行マンの壮介は仕事一筋だったため、翌日から時間を持て余してしまう。公園や図書館、スポーツジムへ向かうが、どこも老人ばかり。また、仕事を探そうにも高学歴・高職歴が邪魔をし、仕事は見つからない。そんなある日、大学院で学ぼうと決意した壮介はカルチャーセンターを訪れ、受付嬢の久里に思いを寄せるようになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
125分
製作会社
「終わった人」製作委員会(東映=東北新社=東映ビデオ=木下グループ=セントラル・アーツ=石原プロモーション=朝日新聞社=電通=ユニバーサル ミュージック=講談社=イオンエンターテイメント=セレモニー=岩手日報社=IBC岩手放送=テレビ岩手=岩手めんこいテレビ=岩手朝日テレビ)(製作プロダクション:セントラル・アーツ)

[c]2018「終わった人」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /7件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?