トコリの橋|MOVIE WALKER PRESS
MENU
トコリの橋
トコリの橋

トコリの橋

1955年2月12日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「失われた少年」のウィリアム・パールバーグとジョージ・シートンが1955年に製作した色彩戦争映画。ジェームズ・A・ミッチェナーの原作より「日曜日は鶏料理」のヴァレンタイン・デイヴィースが脚色、「楽園に帰る(1953)」のマーク・ロブソンが監督に当たった。テクニカラー撮影は「底抜け最大のショウ」のロイヤル・グリグス、音楽はリン・マレーである。出演者は「麗しのサブリナ」のウィリアム・ホールデン、「セールスマンの死」のフレドリック・マーチ、「裏窓」のグレイス・ケリー、「腰抜けM・P」のミッキー・ルーニー、「哀愁日記」の淡路恵子、アール・ホリマン、ロバート・ストラウスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

朝鮮での戦争が酣わだったころ。朝鮮東海岸に沿って北上中のアメリカ海軍第七十七機動部隊には任務を終えたパンサー・ジェットが帰投していたが、そのなかのハリー・ブルーベイカー中尉(ウィリアム・ホールデン)の機が海中に不時着し、司令長官ジョージ・タラント少将(フレドリック・マーチ)は艦橋に立って心配していた。今しがたブルーベイカーの妻と2人の子供が東京に着いたという無電が入ったばかりだったのだ。しかし、ただちに旗艦サヴォからマイク(ミッキー・ルーニー)とネスターの操縦するヘリコプターが救援に赴き、ブルーベイカーは救助された。弁護士だった彼は戦争に疑問を抱いていたが、タラントに慰められ、3日後空母サヴォが横須賀に入港したとき、ブルーベイカーは待ちかねていた妻ナンシー(グレイス・ケリー)と子供たちに会うことが出来た。水兵のマイクは恋人キミコ(淡路恵子)と一緒に東京へ向かった。その夜横須賀の海軍クラブでブルーベイカー夫妻が食事をしていると、ネスターがやって来てマイクが空母エセックスの水兵とキミコのことで喧嘩し、MP本部に拘引されたと告げた。ブルーベイカーはすぐ東京へ行き、MP本部からマイクを救い出した。ブルーベイカーが妻の待つフジサン・ホテルに帰ったのは夜中だった。夫妻と子供たちの1週間は忽ち過ぎた。ブルーベイカーはふたたび出動した。明日はトコリの橋を攻撃するという日、彼は妻へ遺書のつもりで手紙を書いた。夜が明けてパンサー・ジェットの編隊は勇躍出動、トコリの橋爆撃は2回に亙って決行され、すべての目標を爆破したが、ブルーベイカーの機は敵弾をうけて敵地に不時着した。機を包囲して攻めて来る共産を、味方のパンサー・ジェット編隊やプロペラ機が援護攻撃してくれた。やがてマイクのヘリコプターが救援に来たが敵弾をうけて水田に墜落、マイクは助かったが、ネスターは戦死した。マイクとブルーベイカーはひしひしと迫る敵の重圧のなかに夜を迎えた。マイクは敵弾に倒れた。そして、ブルーベイカーもついに戦死した。

作品データ

原題
The Bridges at Toko-ri
製作年
1955年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画会社
上映時間
102分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?