セブン・シスターズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

セブン・シスターズ

2017年10月21日公開,123分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが1人7役を演じるSFスリラー。世界的な人口過多と食糧不足から厳格な一人っ子政策が敷かれた2073年。そこでは二人目以降の子供は親から引き離され冷凍保存されていた。そんななか、セットマン家で七つ子が生まれ……。共演は「ディストピア パンドラの少女」のグレン・クローズ、「ドッグ・イート・ドッグ」のウィレム・デフォー。監督は『ヘンゼル&グレーテル』のトミー・ウィルコラ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2073年。異常気象と人口過剰によって資源が減少、社会は混乱し政情不安が起き、繰り返される戦争や難民問題のため世界の状況は一変していた。主要国はみな滅び去り“ヨーロッパ連邦”が新たな超大国として君臨。人類の生き残りをかけ、政府は厳格な一人っ子政策を実施する。それは、二人目以降の子供は児童分配局によって親から引き離され、枯渇した地球の資源が回復する日まで冷凍保存されるというものだった。そんななか、セットマン家で七つ子姉妹が誕生。彼女たちは、唯一の身寄りである祖父(ウィレム・デフォー)によって月曜日から日曜日まで各曜日の名前を付けられ、それぞれ週1日ずつ外出、7人で一人の人格を演じることで30歳まで生き延びてきた。真面目な優等生マンデー、ヒッピーな自由人チューズデー、筋トレが趣味の武闘派ウェンズデー、反逆者サースデー、天才理系女子フライデー、派手好きのお調子者サタデー、慈愛に満ちた皆の仲裁役サンデーたち七姉妹は、本来の個性はバラバラでありながら、自宅の外ではやり手の銀行員カレン・セットマンとして政府の目を欺いていたのだ。だがある夜、マンデーが帰宅しなかったことで、姉妹の日常が狂い始めていく……

作品データ

原題
WHAT HAPPENED TO MONDAY?
映倫区分
R15+
製作年
2016年
製作国
イギリス=アメリカ=フランス=ベルギー
配給
コピアポア・フィルム(提供:ハピネット)
上映時間
123分

[c]SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    3.0
    2017/11/15

    誰かが地球の未来の為に何かをしなくてはいけない。 だけど不自由な生活には戻れない。・・で、そっちか!と言う事に走る。 これは・・某国の一人っ子政策を意識していますよねぇ? ちょっと嫌味が入っているのか? 七つ子と言えど、性格も趣味も全く違うのは当然で、惹かれるものも違ってくる。 やっぱり均等を崩すのは欲なんだよね。 時に色恋は止められないね。 Noomi Rapaceの、それぞれの人格の演技分けが凄かったです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告