トム・ソーヤの冒険(1937):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
トム・ソーヤの冒険(1937)
トム・ソーヤの冒険(1937)
-

トム・ソーヤの冒険(1937)

1952年5月15日公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「レベッカ」のデヴィド・O・セルズニックが製作した1937年映画で、マーク・トウェインの著名な小説から、ジョン・V・A・ウィーヴァーが潤色、「初めか終りか」のノーマン・タウログが監督した色彩映画。トミイ・ケリイ、ジャッキー・モランの両子役を助けて、「かれらに音楽を」のウォルター・ブレナン、「晩餐八時」のメイ・ロブソン、ヴィクター・ジョリー、ヴィクター・キリアン、コーラ・スー・コリンズらが共演。

ストーリー

トム・ソーヤ(トミー・ケリイ)は手のつけられない悪戯小僧で、仲よしのハックルベリイ・フィン(ジャッキー・モオラン)と一緒に危険な冒険で空想欲を満足させては、伯母ポリイを手こずらせていた。ある夜2人は墓地で殺人事件を目撃したが、このことは誰にも言うまいと誓い合った。しかしその結果無実のマフ(ウォルター・ブレナン)が容疑者として投獄されると、トムは我慢できずに裁判所に出かけインジュン・ジョウ(ヴィクター・ジョリイ)こそ真犯人だと真相を告げてマフを助けた。彼は、最初アミイ(コーラ・スー・コリンズ)という少女と仲良しだったが、突然ベッキイ(A・ギリス)に熱を上げ始めある日彼女をつれて近所の洞窟に散歩に出かけ、行方不明になってしまった。中で2人は莫大な秘宝をみつけ、やっと駆けつけた村人に救われた時、トムは本当の英雄になったのだった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
The Adventures of Tom Sawyer
製作年
1937年
製作国
アメリカ
配給
東宝洋画部
初公開日
1952年5月15日
製作会社
セルズニック映画


[c]キネマ旬報社