パンとバスと2度目のハツコイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パンとバスと2度目のハツコイ

2018年2月17日公開,107分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

乃木坂46の一期生として人気を博した深川麻衣の映画初主演作となるラブ・コメディ。深川が独自の結婚観を持つ恋愛こじらせ女子を演じ、その相手を三代目J Soul Brothersのパフォーマーであり、舞台や映画などで活躍する山下健二郎がユニークに演じきる。監督はラブストーリーに定評のある今泉力哉。

予告編・関連動画

パンとバスと2度目のハツコイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

独自の結婚観を持ち、パン屋で働くふみはある日、中学時代の初恋相手であるたもつと偶然再会する。プロポーズされるも結婚にふんぎりがつかずに元彼と別れたふみと、別れた奥さんをいまだに思い続けているたもつ。そんな2人の恋が静かに進行していく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
上映時間
107分

[c]2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2018/3/29

    【賛否両論チェック】
    賛:不器用な主人公達の恋模様(?)ならぬ人間模様に、不思議と心が温かくなるよう。一見小難しいテーマが、それとなく散りばめられているのも印象的。
    否:本筋とは関係ない日常のシーンもかなり淡々と描かれるので、案外退屈してしまいそう。主人公の考え方も、賛否ありそうなところ。

     「好きになる人は出来るけれど、1人でいる期間が必要。」
    という、恋愛こじらせ系女子のふみと、妻に浮気されて離婚してもなお、妻と息子に想いを寄せ続けるたもつ。そんな2人のちょっぴり不思議な関係性に、なんだかほっこりさせられます。
     半面、本筋とは一見関係ないような主人公の日常も沢山描かれているので、見方によってはかなり退屈です。あまり伏線なんかを期待しすぎても、拍子抜けしてしまうかも知れません(笑)。
     そして意外と、「好きとは何か?」「愛とは何か?」「孤独とは何か?」といったような、哲学的な問いかけもあるような内容でもあります。劇中ふみが語る、
    「付き合ったり結婚したりしてないから、一緒にいられるって・・・あるのかな?」
    というセリフが印象的でした。
     乃木坂ファンとLDHファンは勿論だと思いますが、それ以外の方にもオススメです。

    違反報告