苦い銭:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
苦い銭
苦い銭
-

苦い銭

2018年2月3日公開、163分、ドキュメンタリー/社会派/ヒューマンドラマ
  • みたい
    -
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「収容病棟」のワン・ビン監督が中国の出稼ぎ労働者を追い、第74回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門脚本賞およびヒューマンライツ賞を獲得したドキュメンタリー。過酷な環境下、縫製工場で働く人々の日常を通し、現代社会の歪な面を浮かび上がらせる。第17回東京フィルメックス特別招待作品(上映日:2016年11月22日、26日)。

ストーリー

中国東海岸にほど近い浙江省湖州。縫製工場が建ち並ぶこの街では、多くの女性たちが各地から出稼ぎに来ており、住民の約80%が出稼ぎ労働者である。雲南省出身の15歳の少女シャオミンもまた、縫製工場で働くため、長距離列車に乗ってやってきた。過酷な労働環境下、一元の金に一喜一憂しながら働く人々。そんな人々の日常を、カメラは捉えていく。

予告編・関連動画

苦い銭

予告編

2017/12/21(木)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
苦錢
製作年
2016年
製作国
フランス=香港
配給
ムヴィオラ
初公開日
2018年2月3日
上映時間
163分
ジャンル
ドキュメンタリー社会派ヒューマンドラマ


[c]キネマ旬報社