シャザム!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シャザム!

2019年4月19日公開,132分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

見た目は大人、中身は子どもの異色ヒーローの活躍を描くアクション。魔術師から“シャザム!”の言葉でスーパーヒーローに変身できる力を手に入れた少年ビリーが、悪者に捕らわれた仲間を救うために奮闘する。ビリーのスーパーヒーロー時の姿を、ミュージカルなどでも活躍するザッカリー・リーヴァイが演じる。

予告編・関連動画

シャザム!

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い頃に生き別れになった母親を探す、身寄りのない少年ビリー。養家に引き取られても何度も逃げ出してきたが、新しい養家でフレディと出会う。そんなある日、ビリーは魔術師から“選ばれし者”としてスーパーパワーを授かる。せっかくの力を悪ノリで使っていたが、その力を狙う科学者のドクター・シヴァナが現れ、フレディがさらわれてしまう。

作品データ

原題
SHAZAM!
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
132分

[c]2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    男の子なら、こういうことがあるといいな、と願うことがあるはずです。

    自分が超能力者であったなら、スーパーマンであったなら、あんなやつらには復讐してやれるのに……と。

    大人になってからでも、昔、感じた悔しい気持ちは忘れないものなので、それらをていねいに一つ一つすくい上げて映画化したこの作品は、実に観ていて愉快です。

    きっちり続編も予告されていますが、この終わり方なら、制作者が続編に逃げやがったなというストレスを感じることもなく、ほんとうに楽しい映画として、私の記憶に残る作品だったと思いました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.1
    2020/5/29

    思った以上に面白かった。カラダはマッチョマンで頭は子供のヒーローですが、泣ける部分もありました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    たばすこ

    5.0
    2020/5/23

    大傑作

    違反報告
  • rikoriko2255

    amazon02

    1.0
    2020/5/20

    子供?大人?活躍するのはどっちだ?
    急遽の吹き替えドタバタが記憶に新しい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Q

    3.0
    2020/5/19

    軽めな感じで よいデス。

    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2020/5/18

    笑いたい時に見る映画!

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホッパー

    4.0
    2020/5/13

    ただのヒーローものでなく、主人公の成長ものの要素もあり良かったと思う。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2020/5/13

    普通に面白い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    sarariho

    3.0
    2020/4/29

    笑えた

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちえ

    4.0
    2020/4/26

    ストーリーがしっかりしていて面白かった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さとまん

    4.0
    2020/4/26

    予想外に面白い映画だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ozy

    4.0
    2020/4/24

    大人も子供も楽しく観られ映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    すず

    3.0
    2020/4/24

    DCシリーズと言うことで観ましたが、子供向けのような気がします。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/8/27

    「スーパーマン」や「バットマン」と同じDCコミックスのヒーロー「シャザム」を映画化。見た目は大人だが中身は子どもという異色のヒーローの活躍を、独特のユーモアを交えて描く。身寄りがなく里親のもとを転々としてきた少年ビリーはある日、謎の魔術師からスーパーパワーを与えられ、「S=ソロモンの知力」「H=ヘラクラスの強さ」「A=アトラスのスタミナ」「Z=ゼウスのパワー」「A=アキレスの勇気」「M=マーキューリーの飛行力」という6つの力をあわせもつヒーロー「シャザム(SHAZAM)」に変身できるようになる。筋骨隆々で稲妻を発することができるが、外見は中年のシャザムに変身したビリーは、ヒーローオタクの悪友フレディと一緒にスーパーマン顔負けの力をあちこちで試してまわり、悪ノリ全開で遊んでいた。しかし、そんなビリーの前に、魔法の力を狙う科学者Dr.シヴァナが現れ、フレディの身に危険が及んでしまう。遊んでいる場合ではないと気付いたビリーは、ヒーローらしく戦うことを決意するが……。


    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2019/5/20

    【賛否両論チェック】
    賛:ヒーローの力を得て悪ノリ全開な少年が、次第に本当のヒーローとして成長していくまでが、非常にコミカルに描かれていく。「家族の絆」というテーマにも、思わず感動させられる。
    否:不気味なシーンがかなり多いので、小さい子や苦手な人には不向き。

     「見た目はオトナ、中身はコドモ。」
    という、どこかで聞いたセリフとは真逆のヒーローですが(笑)、予想に違わずその活躍ぶりは非常にコミカルです。最初はおバカな実験ばかりをやっていた少年・ビリーが、邪悪な力を手にしたサドといかにして渡り合っていくのか、その辺りに注目です。反面、七つの大罪達の描写はかなりダークで、メチャメチャ怖いです。なので、小さい子なんかには全く向きそうにありません。
     そしてこの作品全体を通して描かれているのは、「家族の絆」という意外にも真面目なテーマです。実の母親の面影を探し、里親を転々としてきた孤独なビリーが辿り着いた、1つの大家族。初めは心を閉ざしていた彼が、困難を経験していくうちに少しずつ成長し、心を開いて本当の家族になっていく姿は、観ていてかなり感動的です。
     最終的には【あの】ヒーローも登場しますので、お楽しみに。コメディやアクションが好きな人には、文句なしにオススメです。

    違反報告