トロイアの女:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
トロイアの女
トロイアの女

トロイアの女

1977年1月22日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ソフォクレス、アイスキュロスと並ぶ古代ギリシャ三大悲劇作家の1人エウリピデスの「トロイアの女」の映画化。製作はエニス・ノーラ、製作・監督・脚本は「その男ゾルバ」のマイケル・カコヤニス、撮影はアルフィオ・コンティーニ、音楽はミキス・テオドラキスが各々担当。出演はキャサリン・ヘップバーン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジュヌビエーブ・ビュジョルド、イレーネ・パパス、パトリック・マギー、ブライアン・ブレスドなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

紀元前、ギリシャとの10年に渡る苛酷な戦争の末、トロイはスパルタ王メネラウス(パトリック・マギー)の軍門に下り、軍の略奪と暴虐は陰惨をきほ極め、街は老女だけが残った廃墟と化した。トロイの王妃ヘカベ(キャサリン・ヘップバーン)の運命も他のトロイの女達と同様で、残った女達はヘカベの許に集まった。彼女達には、ヘカベとその娘カッサンドラ(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)の生存が、せめての救いだった。が、ギリシャ軍の使者タルキイビウス(ブライアン・ブレスド)が現われ、予言者として噂の高いカッサンドラをギリシャに連行すると言う。ヘカベ達は尋問にも屈せず、カッサンドラの隠れ家を知らせまいとした。けれど不運にも隠れていた神殿から一筋の煙が上り、カッサンドラは見つかってしまった。激しく抵抗するカッサンドラにとって、父や兄を奪ったギリシャに召されるのは耐えられない。泣き叫び、連れ去られて行くカッサンドラを見送るヘカベ。悲運はまだ続く。ヘカベの息子でトロイ一の勇者ヘクトルの未亡人アンドロマケ(ヴァネッサ・レッドグレイブ)と遺児アスティアナスも連行され、まだ幼いアスティアナスを殺せとの命令が下った。娘ばかりか孫までも。ヘカベ、アンドロマケ達の悲憤は狂わんばかり、必死に抵抗する彼女達。だが、アスティアナスは城壁に、アンドロマケは海岸のギリシャ軍にそれぞれ連れ去られて行った。何故?ヘカベ達の怒りは頂点に達した。そのにくしみの目はこのギリシャ軍の兵舎に居るこの戦いの因、ヘレネ(イレーネ・パパス)に向けられた。ヘレネはメネラウスの后でありながら、トロイ王プリアムの息子、パリスと駆落したあげく今再びメネラウスの処に帰ろうといる。ヘカベはヘレネを殺すよう、メネラウスに詰め寄るが、無駄だった。メネラウスはヘレネの魅力を忘れられず、2人は去って行く。そして、宵闇迫る頃、ヘカベの許にアスティアナスの遺体が運ばれ、今はもう泣く涙も枯れたヘカベ達は静かに遺体を葬るだけだった。

作品データ

原題
The Trojan Women
製作年
1971年
製作国
アメリカ
配給
インターナショナル・プロモーション
上映時間
0分
製作会社
シネラマ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?