タクシー運転手 ~約束は海を越えて~|MOVIE WALKER PRESS
MENU

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~

2018年4月21日公開,137分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

光州事件を舞台にした実話に基づくヒューマンドラマ。1980年、ソウルのタクシー運転手マンソプは、「大金を払う」という言葉につられてドイツ人記者ピーターを乗せて光州を目指す。2人は通行禁止時間ぎりぎりで光州に入るが、状況は徐々に悪化していく。監督は、「高地戦 THE FRONT LINE」のチャン・フン。出演は、「密偵」のソン・ガンホ、「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマン、「LUCK-KEY/ラッキー」のユ・ヘジン、「グローリーデイ」のリュ・ジュンヨル。第90回アカデミー賞外国語映画賞韓国代表作品。第54回大鐘賞最優秀作品賞、企画賞受賞。第26回釜日映画賞最優秀作品賞、主演男優賞、釜日読者審査団賞受賞。

予告編・関連動画

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1980年5月。ソウルのタクシー運転手マンソプ(ソン・ガンホ)は、ドイツ人記者ピーター(トーマス・クレッチマン)から「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を払う」と言われ、英語もわからぬまま光州に向かう。マンソプはタクシー代を受け取るために機転を利かせて検問を通り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。「危険だからソウルに戻ろう」とマンソプは訴えるが、ピーターは大学生ジェシク(リュ・ジョンヨル)と光州のタクシー運転手ファン(ユ・ヘジン)の助けを借り、撮影を始める。状況は徐々に悪化し、1人で留守番をさせている11歳の娘が気になるマンソプはますます焦るが……。

作品データ

原題
택시운전사
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
韓国
配給
配給:クロックワークス 提供:クロックワークス・博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
上映時間
137分

[c] 2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • rikoriko2255

    ノリック007

    5.0
    2018/12/8

    日本にいるドイツ人記者が韓国の戒厳令について、
    日本で知り、韓国の光州へ取材に向かいました。

    この映画を鑑賞してドイツ人記者よりも、日本人記者の
    ほうが、この光州事件を世界に報道できる可能性は高った
    と思いました。
    日本人なら外見は韓国人に似ています。
    第2次世界大戦中に、日本が韓国等の国々を占領した
    影響で韓国人には、意外に日本語が通じます。

    もちろん、誰が取材しても、命がけの取材になるので、
    「自己責任」による取材です。

    発表報道は、韓国政府により嘘ばかりです。
    ドイツ人記者の行ったこの調査報道は、真実の断片かも
    しれませんが、事実を伝えることで、韓国や世界を
    動かし、歴史を創りました。

    日本ニュースは、発表報道、毎年同じ行事のニュース、
    スポーツニュース、芸能ニュース、天気予報で観あき
    ました。
    何のために使用されているのかわからない受信料を
    支払ってまでして、NHKのニュースを見る気にも
    なりません。

    この映画を鑑賞しても、何も感じない、何とも思わない
    日本人記者は、ドイツ人記者に劣ると感じました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2018/4/30

     1980年5月、韓国で起きた光州事件を舞台に実話を基にしたヒューマンドラマ。

     内容から1985年公開の映画、ローランド・ジョフィ監督の「キリング・フィールド」(こちらは大傑作!)を連想していましたが、ある意味、韓国の「お国柄」が結構反映されていて、ユーモアあり、フィクションっぽいアクションありの娯楽大作でした。

     そのため、緊張のシーンは部分的で、私的には物足りなさが残りました。また、肝心の「光州事件」をよく知らないことも伝わりにくかった要因かもしれません。

     それでも、最後はグッとくる感動がありましたので、最近の韓国映画の底力を感じたのも事実です。

     やはり、主役のソン・ガンホは善人の役が似合いますね。

    ちなみに、2017年の韓国映画興行で最大ヒット作だそうです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2018/4/24

    1980年の韓国で、(後の大統領)全斗煥ら軍部のクーデターと、金大中ら当時の野党主力の逮捕に端を発した、民主化を望む民衆が起こしたデモを、軍が弾圧。市民を虐殺した「光州(クァンジュ)事件」が舞台。
    ドイツ人記者のユルゲン・ヒンツペーターが、ソウルの個人タクシーの運転手を雇って光州へ取材に潜り込む姿を、この運転手の視点で描いた、実話ベースの物語。

    お調子者で怒りっぽく、金に困ってるいかにも「小物」な庶民の運転手が、虐殺を目の当たりにしてどんな行動をしたか…

    実はこの運転手はその後見つかっておらず、故人のユルゲンの記憶と著書をベースに作られているため、運転手の人物像自体、かなりフィクションさが高い。
    最後は「ちょっと盛りすぎじゃないか?」という展開もフィクションくさい。
    過去の政権の行為を、常に「悪として否定」することを続けている韓国ならではの、見事な全斗煥軍事体制への嫌悪と批判が山盛り。
    それによって善と悪の対決構造が分かりやすく、「ヒーロー映画」に昇華していて、実に面白かった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2018/4/21

    「光州5・18」のほうが事件の全体像がよく分かると思います。隣国でこれほどの事件が起きていたとは、当時、全く知りませんでした。
    今の日本も政治的にさまざまな課題がありますが、この事件ほどにはおおごとにはなりますまい。しかし、政治問題は大きくなれば、こんなレベルまで行ってしまうのだ、ということを感じさせる、優れた映画です。

    違反報告