マルクス・エンゲルス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マルクス・エンゲルス

2018年4月28日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

若き頃のカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの活躍を描く伝記映画。その過激な言動によりドイツを追われた26歳のマルクスは、パリで労働階級について研究するエンゲルスと出会う。2人は政治的暴動や動乱をかいくぐり、新しい労働運動を生み出す。監督は、「ルムンバの叫び」のラウル・ペック。出演は、「汚れたダイヤモンド」のアウグスト・ディール。

予告編・関連動画

マルクス・エンゲルス

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

26歳のカール・マルクス(アウグスト・ディール)はその過激な言動によりドイツ政府から妻と共に国を追われ、フランスに辿りつく。パリで出会った若きフリードリヒ・エンゲルス(シュテファン・コナルスケ)はマンチェスターの紡績工場のオーナーの子息で、イギリスのプロレタリアート(労働階級)について研究していた。階級も生まれも違う2人の出会いによって、マルクスが構築しつつあった新世界のビジョンが完成する。それまでの労働運動は単発的で組織化もされていなかったが、マルクスとエンゲルスは政治的暴動や動乱をかいくぐり、まったく新しい労働運動の誕生を牽引していく。この運動は、ルネッサンス以来の、世界で最も完成された社会変動へと成長していく……。

作品データ

原題
THE YOUNG KARL MARX
製作年
2017年
製作国
フランス=ドイツ=ベルギー
配給
ハーク
上映時間
118分

[c]AGAT FILMS & CIE - VELVET FILM - ROHFILM - ARTEMIS PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2018/6/27

    「Karl Heinrich Marxの資本論」内容は兎も角、そのフレーズは誰もが一度は耳にしていると思う。
    それが何なのか。何の為に必要で、産まれたのか。それが良く分かる。

    労働者に厳しい時代。差別社会の中で、戦う為に立ち上がる人たちが居た頼もしさ。
    彼らが受けた迫害。フリードリヒ・エンゲルスの存在意義。
    一気にマルクスの資本論が身近になる。

    彼らが名を目指して戦ったか。そしてその戦いは今の社会にちゃんと反映されているか?それを訴えかけるようなエンディングが印象的。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2018/4/29

    歴史や政治に興味がある人にはたまらない魅力のある名作だと思います。
    背景事情を知らないままに1回観て、史実を調べてもう一回観ると、より一層楽しめるはず。
    出演者も名優揃い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ノリック007

    5.0
    2018/4/28

    現代の日本にも。

    この映画の時代では、ブルジョア階級(資本家)と
    プロレタリア階級(労働者)でした。

    現代の日本では、既得権益を有し、既得権益に
    守られている人々と既得権益を持っていない人々
    です。
    自由民主党による一党独裁が続き、民主主義が
    機能していない日本では、既得権益のあるなしが、
    階級となります。

    政治家は、金を受け取る、票を集めることで、
    公権力の行使に関して何らかの便宜を計っています。

    官僚は、既得権益を守るため、政治家に忖度し、決裁文書を
    改ざんし、国民の知る権利を無視して、証言しません。

    検察は、略式起訴や不起訴処分で、真相を闇に葬っています。

    メディアは、記者クラブで情報を入手するという
    既得権益を守るため、現実を直視することなく、
    大本営発表を垂れ流すだけです。

    経営者や管理職は、利益を得るという既得権益を守るため、
    現実を直視することなく、正社員を派遣社員にして賃金を
    下げ、社員に長時間労働を強いています。

    既得権益持っている人々は既得権益を手放さないし、
    既得権益を持っていない人々は既得権益を手に入れる
    ことはできないので階級となりえます。

    この現実を直視しているのでしょか?

    カール・マルクスは、ジャーナリストとして現実を直視し、
    行動しました。
    フリードリッヒ・エンゲルスは、紡績工場の社長の
    息子として、妻となる女性社員をとおして現実を直視し、
    行動しました。
    カール・マルクスの妻であるイェニーと
    フリードリッヒ・エンゲルスの妻であるメアリーは、
    フェミニストというより、革命家の妻です。
    日本にこのような女性はいるのでしょうか?

    現実を直視する人だけが、行動することができます。

    1848年に共産党宣言を発表したとき、カール・マルクスは
    29歳、フリードリッヒ・エンゲルスは27歳です。

    1848年というと、日本は江戸時代の終わりで、幕末の直前です。

    日本は、ヨーロッパに比べて150年は遅れている!
    日本は、あと何年遅れるのでしょうか?

    パンフレット以外にもマルクス関連の書籍が購入できるので
    お金を持っていくと良いでしょう。

    違反報告