君の名前で僕を呼んで|MOVIE WALKER PRESS
MENU

君の名前で僕を呼んで

2018年4月27日公開,132分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名匠ジェームズ・アイヴォリーが脚色を手がけ、第90回アカデミー賞で脚色賞に輝いた青春ドラマ。1983年の北イタリアを舞台に、大学教授の父親の助手として一緒に暮らすことになった24歳の大学院生に思いを寄せる17歳の少年のひと夏の恋が描かれる。主人公の少年を演じたティモシー・シャラメはアカデミー賞主演男優賞候補にもなった。

予告編・関連動画

君の名前で僕を呼んで

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1983年夏、北イタリアの避暑地で暮らす17歳のエリオは、大学教授である父親の助手としてアメリカからやってきた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。夏の間、オリヴァーはエリオたち家族と一緒に暮らすことになるが、エリオは自信に満ちた彼の態度に反発する。しかし、2人はいつしか激しい恋に落ちていく。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
イタリア=フランス=ブラジル=アメリカ
配給
ファントム・フィルム
上映時間
132分

[c]Frenesy, La Cinefacture [c]キネマ旬報社

関連記事

  • rikoriko2255

    oseanofme

    -
    2021/5/9
  • rikoriko2255

    めい

    4.0
    2021/4/25

    ひたすらに絵が美しい。フランス映画的空気感が絵面のさっぱりさに、ストーリーのクリームのようなモタっとした感じが塩梅がよかった。個人的にティモシーがすきなので観れたという節もある。

    違反報告
  • rikoriko2255

    みるみる

    4.0
    2019/9/28

    羨ましほどに眩しいひと夏の恋。加えて北イタリアの絵に描いたような日常生活。美しいです。
    エリオの狂おしい程好きでたまらない気持ちを抑えている前半は何とも可愛らしく、オリヴァーの大人な対応に傷つく姿は思春期まっだだ中の瑞々しさ。エリオの父親が考古学者だったりして文学的に同性愛に触れる機会が多いのだろうか全てを理解し人生を説いてくれる。日本の家庭では無理でしょう。
    ラストは泣いてしまった。やはりオリヴァーは大人だったという事か。あんな電話してこんでもええやないかい。エンドロールは暖炉の薪がはぜる音が切なくて可哀想でたまらない。父親が話した事をいつか理解できる時が来るだろうか。噂では続編がありそうだと。エリオがこれ以上傷つかないでほしいと思ってしまう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    枕の凹

    4.0
    2018/6/11

    のどかな風景が広がる北イタリアの小さな村。金も教養もありそうな裕福な一家は、考古学を学びにきたアメリカ人青年をゲストに迎える。屋外の昼食にワインを傾け、アルプスからの透明な湧き水で泳ぎ、若々しい青年通しの愛の戯れ、・・。「眺めのいい部屋」のJ・アイボリーの脚本ならではの懐古的なブルジョワの楽しみが、34年前の夏の思い出としてスケッチされる。この映画みて損はない人。
    1. 北イタリア田園風景のなかで夏の休日を過ごしたいと思っている方。
    2. 人には言えないが、これから同性同士の愛の可能性を考えてみたいと思っている方。
    3. グローバリズムの席巻するEUから離脱し、34年前の牧歌的な生活を懐かしんでみたいと思っている方

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/5/13

    脚本がJ.アイヴォリーってことで時代は変えど舞台を変えどその人々はスノッブ風。
    まったく欧人は時間を思う存分自分の物にしている。夏は夏が終わるのを待つ、冬は夏が来るのを待つ。はぁ、なんと優雅な考え方。避暑地でアクセク動くことなく羽を伸ばす。家事も人任せで皆で英気を養う。(上流階級だけだけど)

    まだ外の世界を知らないエリオは女子にも負けず初恋に無我夢中。同姓のため自身の嗜好に多少動揺はあるが、基本going my way。両親も寛容のため彼の考え方は育った環境の影響も大いにあり。
    もちろん青春真っ只中、とりあえず女子にもお試し。10代まだ将来は始まってもいない。恋も含め青春を謳歌するがよい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ももん

    2.0
    2018/5/5

    アカデミー脚本賞受賞で注目を浴びた作品なので期待して映画館へ。
    GWでもあり予約もいっぱい!でも上映館が小さいせいかも。
    イタリアの田舎町の自然や、両親の芸術観もなかなかいい雰囲気だけど、オリヴァーが急に恋仲になっていくあたりが急すぎて感情移入できなかった。それにしても同性愛がモチーフになった作品がアカデミー賞に必ずと言っていいほど入るのは時代なのかなぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/4/27

    ひと夏の経験。
    甘酸っぱいなぁ。
    インテリで自由で柔軟な思考を持つ両親のお陰か、エリオはシニカルね。

    惹かれながら、相手を思って行動できない完璧に見えるオリヴァーの思いを知って切なかったし、思いを持て余す思春期のエリオの青臭さも良い。
    だけど、叶えられない時代かな・・
    どんな恋だって、ちょっとしたことで、お互いを傷つけるでしょ。
    立ち直る特効薬は、時間しかない。
    いつか美しい思い出に変わるまで、自分では何も出来ない。
    本当に心は厄介だ。特に恋心はね‥

    お互いを自分の名前で呼び合う遊戯の意味が分からなかった。
    でも、電話口で名前に思いののせて呼び合うシーンにすとんと納得できた。

    そして心の中で呼んでみた。自分の事を。あぁ・・悪くない。と思った。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告