モリーズ・ゲーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

モリーズ・ゲーム

2018年5月11日公開,140分
PG12
  • 上映館を探す

オリンピックを目指していたアスリートがセレブが集う高額ポーカールームの経営者に転身し、FBIに逮捕された。実在の女性モリー・ブルームが自らの波乱の日々をつづった回顧録を、脚本家のアーロン・ソーキンがメガホンを握り、映画化したスキャンダラスなドラマ。モリーを演じるのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン。

予告編・関連動画

モリーズ・ゲーム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

モーグルの選手としてオリンピックを目指していたモリーは競技中に転倒し、アスリート人生を諦めることに。ケガから回復し、休暇中の彼女はバイト先のボスからポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれ、セレブが集うスリリングな世界に生き甲斐を見つける。ところがある日、クビになったモリーは自らポーカールームを開設する。

作品データ

原題
MOLLY'S GAME
映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
140分

[c]2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • 絶対色気値

    2
    2018/11/11

    違法カジノを経営し、FBIに逮捕された実在の女性元アスリート。話の中心は、その裁判の行方になる。弁護士との会話が多く、会話も早い。追いきれませんでした。

    そもそも違法カジノに出入りする奴らや、パクられようが罪を受けようが、正直興味が持てず、長々と見せられても飽きてしまう。人を描くというより、物語の説明に終始している感じ。
    最後になってようやく父親との確執が出てきて、また裁判が奇跡的な判決で光がさすが、それだけ。まったく興味のもてない映画だった。
    名脚本家の初監督作だが、演出には向いていないのではないかと思った。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • seapoint

    3
    2018/6/10

    オリンピックに届きそうな才能、才女、きっとどの世界でも頭角を現す人間だろう。人はできる人間とそうでない人間で成立するな。
    それが遺伝なのか環境なのか。しかし努力なしではありえない。

    まさかのギャンブル業。未知なる世界でも頭の回転の速さから経営にしろプレイヤーの心理にしろ、難なくこなす。あくまで正当に。法の一線を越えるまでは。

    プレイヤーに乗せられないこと。
    プレイヤーに同情しないこと。
    経営者とプレイヤーの立場を明確にしておくこと。
    ヤバい人間に介入しないこと、見くびらないこと。

    計り知れない大金とブラックリストに挙げられそうな有名人。それらに対応する精神余裕がなくなるし、判断力が鈍った結果である。

    法もあざとい。彼女の言及よりその先の大物たちの暴露をしたかった。弁護士の言う、彼らを守ったのに誰も手を差し伸べないそれなのにモリーは「私はわたし」彼女の信念か、世の中の歯車に対抗してか。いーえ、本も出版したし、こうして映画にもなっている。やはりタダでは起きない。
    J.チャスティンは派手にしても柔らかいオーラがあるのだが、実物のモリーはキツめな印象。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • パライバ

    4
    2018/5/24

    こちらで評判が良いので見に行きました。
    顧客の秘密を守ろうと司法取引に応じない毅然としたヒロインがカッコよすぎてまぶしいくらい。
    父娘関係がヒロインたちと担当弁護士とに重なる構成がくっきり描かれます。
    小娘がカジノの経営者になっていく様子は、ダサい衣服からゴージャスな衣装を着こなしていくことで描かれます。

    ギャンブルにのめりこむ様子は怖いと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告