猫は抱くもの|MOVIE WALKER PRESS
MENU

猫は抱くもの

2018年6月23日公開,109分
  • 上映館を探す

大山淳子の同名小説を、沢尻エリカと吉沢亮共演で犬童一心が映画化。スーパーで働く元アイドルのアラサー女性、沙織は、日々の出来事をロシアンブルーの猫・良男に打ち明けていた。やがて良男は、自分が人間で、沙織の恋人だと思い込むようになり……。「素敵なダイナマイトスキャンダル」の峯田和伸、『わにとかげぎす』のコムアイが共演。

予告編・関連動画

猫は抱くもの

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

思い通りの自分になることができず、いつの間にか投げやりな生き方に慣れてしまった元アイドルのアラサー女性、沙織(沢尻エリカ)。今はスーパーで働く日々を送る彼女が心を開くのは、こっそり飼っているロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけだった。毎日の出来事を、妄想を交えつつ語る沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が人間で、彼女を守れるのは恋人の自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れる。これをきっかけに、沙織の変化を目の当たりにした良男はある晩、月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまう……。ゴッホや彼を慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は自分らしく生きる術を見出していく。うまくいかないことの輝き。置いてきぼりをくらっている時間の豊かさ。やがて、灰色の日常がカラフルに輝き始める……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
109分

[c]2018「猫は抱くもの」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.2
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2018/7/29

    【賛否両論チェック】 賛:不思議な雰囲気の世界観の中で、人間や猫達が織り成す人間(猫?)模様を通して、「自分」というものへの尽きない問いかけを体現していく様が、非常に芸術的。 否: 猫の擬人化や舞台セット、シュールな展開等、演出の好みはかなり分かれそう。猫目的に観るのはオススメ出来ない。  最初にまず好みが分かれるのは、何といってもその独特すぎる世界観です。屋内のシーンはほぼ舞台セットの中で描かれるほか、猫もほぼ擬人化されて役者さんが演じていらっしゃいます。なので、 「カワイイ猫の姿を観て癒されたい!!」 なんて思っている人が観てしまうと、相当期待外れに感じてしまうかも知れません(笑)。大体の役者さんが2役以上こなしていらっしゃるのも、なんだか舞台劇っぽいですね。  そんな不思議な世界観の中で描かれていくのは、夢に破れたヒロインと、自分を人間だと思い込む猫が出逢っていく、これまた不思議な人々・猫達との人間(猫?)ドラマです。 「本当の自分ってなんだろう・・・?」 誰しもが悩むそんな問いに、芸術の観点からそっと光を照らしてくれるような物語に仕上がっています。  ラストも結構芸術的すぎて割とブッ飛んでいる感じなので、好き嫌いは極端に分かれそうなところですが、とっても異色な動物映画ですので、気になった方は是非。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/6/30

    お金を払い、劇場で邦画を観るなんていつ以来か、10年ひと昔ほどか。 それもこれも監督と峯田氏の舞台挨拶ゆえである。 映画に舞台的要素、場面場面のつながりや役者が2役やっていたり、類似とは言えないがラース・フォン・トリアーの「ドッグヴィル」が舞台的だったな。 監督の意図、猫の擬人化、互いに一方通行の感情であり、話を聞く、癒しをもらう、それくらいである。 で、やはりこれは沢尻エリカonlyの映画である。沙織、夢破れ、地味に生活している矢先、消えたはずの夢の欠片を拾って、もう一度再燃の機会を得る。形どうあれ、本当の夢に少しでも重ねることができるのなら幸運である。ゴッホでも良男でもない。普通はそうなることさえ難しいのだから。 損得なく良男が傍にいる。やはり癒し。人間の恋人とペットの決定的に違う所だ。良男はアドバイスはもちろんできないけれど人はペットが自分の感情を受け入れてくれると思うのである。ペットを飼う人の気持ちがわからないでもない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告