きばいやんせ!私|MOVIE WALKER PRESS
MENU
きばいやんせ!私
きばいやんせ!私

きばいやんせ!私

2019年3月9日公開,116分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「百円の恋」の監督・武正晴と脚本家・足立紳による、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台にした人間ドラマ。テレビアナウンサーの貴子は、命じられた南大隅町・御崎まつりの取材を嫌々ながら進めるうちに、伝統文化を守り抜こうとする人々の思いに動かされていく。きばいやんせとは、鹿児島弁で頑張ってという意味。将来を見失っていたアナウンサー・貴子を「友罪」の夏帆が演じ、相手役を「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の太賀が務める。

フォトギャラリー

きばいやんせ!私 画像1
きばいやんせ!私 画像2
きばいやんせ!私 画像3
きばいやんせ!私 画像4
きばいやんせ!私 画像5

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

テレビアナウンサーの貴子は、東京での競争や恋愛に疲れきり、将来を見失っていた。そんな中、幼い頃に過ごしたことのある本土最南端の町・鹿児島県肝属郡南大隅町の御崎まつりを取材するよう命じられる。渋々南大隅町に戻るが、力が入らず、おざなりの取材をしてしまう。しかし懸命に町を盛り上げようとしている役場の職員たちや、畜産業を守る同級生、御崎まつりを続けるために力を尽くす町の人々に触れるうちに、仕事との向き合い方や人間らしい生き方について考え始める貴子。自分自身を見つめ直した彼女は、いつしか、この町の文化を伝えたいという思いを抱いていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
アイエス・フィールド
上映時間
116分

[c]2018「きばいやんせ!私」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?