来る|MOVIE WALKER PRESS
MENU

来る

2018年12月7日公開,134分
PG12
  • 上映館を探す

『告白』の中島哲也監督が、岡田准一をはじめ、豪華キャストを迎えて描くサスペンス・ホラー。声と形をまねて、人の心の闇に迫り来る怪物と、霊媒師たちの戦いが繰り広げられる。岡田が怪異現象を目の当たりにするオカルトライターを、霊媒師の血をひくキャバ嬢役の小松菜奈やその姉で霊媒師役の松たか子も強烈なキャラクターを演じている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

田原という男から身の回りで起きている超常現象のような出来事について相談を受けたオカルトライターの野崎。早速、霊媒師の血を引くキャバ嬢・真琴と調査を始めるが、田原家に憑いている“何か”は想像を超えて強力なものだと判明する。やがて、霊的攻撃による死傷者が続出し、真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子が動き出す。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
134分

[c]2018「来る」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

2.7
  • rikoriko2255

    nastika

    3.6
    2020/7/15

    安定感あるキャストとテンション高めの演出のおかげで(?)全然怖くないし、そもそもこれはホラーではない。人は死にまくるけど、情緒が無いから恐怖も悲しみも生まれない。エンタメ作品だから問題ないのかな。 とりあえず見所は哭声/コクソンばりの除霊バトル、格好良い松たか子と柴田理恵、虚飾の人間関係。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2018/12/16

    【賛否両論チェック】 賛:人間が持つ心の闇につけ入るように、恐怖が少しずつ忍び寄ってくる様に、ゾッとしながらも思わず考えさせられる。音楽や色彩等の斬新な演出にも注目。 否:かなりグロテスクな描写が多いので、苦手な人には全く向かない。  ホラー映画ですが、どちらかというと怖いというよりは、グロいシーンの方が多いので、その辺りの好き嫌いは分かれそうです。  一見幸せそうに見える新婚夫婦。しかし現実には、育児を手伝わないくせにイクメンパパを標榜する夫・秀樹と、彼のせいで疲れ果ててしまう妻・香奈の姿があり、そんな2人の心の闇の狭間で居場所をなくした知紗の下へ、不気味な影が忍び寄ってくるところに、何といえない切なさというか、苦々しさが残ります。  そして野崎や津田を始め、2人を取り巻く様々な人物の様相にも、また人間の持つ浅ましさや醜さが垣間見えるようで、思わず考えさせられてしまいます。  ただただ不気味さをあおるだけではなく、斬新な音楽や色彩で場面転換をしていく演出も、この映画ならではの見どころの1つです。普段はホラー映画を観ない方も、是非怖いもの観たさでご覧になってみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    1.0
    2018/12/11

    マジで、中島監督干されますよ。 そのくらいひどい。原作未読ですが。 だって、怖くないもん。それゆえ面白くない。 スタッフ、キャストの中でやる気のあるのは、 監督に「どこでそんな演技覚えた!」と喝を 入れられた、小松菜奈くらいでしょう。 妻夫木のやる気のなさにしらけます。 「ウォーターボーイズ」のへたれ演技が今でも 通用すると思っている、自惚れ屋にしか見えない。 岡田准一もひどい。よほどスケジュールが空いて なかったのか。キャラが立ってない。 松たか子も大根に見えます。和装はいいけど。 ストーリー上の都合もあるでしょうが、メイン キャストが半分以上簡単に死ぬのは納得できま せん。 途中までは現代家族への批判が入っているんだ から、せめてあの女性(ネタバレ気味)は生かし て欲しかった。原作では生きてる設定らしいし。 正直、除霊を描いた(?)エクソシストから40年 経って、こんな無様な映画しか作れない、日本 映画って何なんだろうとむなしくなりました。 原作を売りたいにしても、角川映画の失敗から、 何を学んだんだろう。 中島監督は、一度、どん底に落ちて、それこそ 「カメラを止めるな!」みたいなワークショッ プ映画から出直すべきです。 それくらい、ひどかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告