死の谷間|MOVIE WALKER PRESS
MENU

死の谷間

2018年6月23日公開,98分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1976年のエドガー・アラン・ポー賞受賞作を映画化したSFサスペンス。世界でただ一つ放射能汚染を免れた谷に住む唯一の生存者アンは、防護服を着た黒人男性を見つける。アンは体調を崩した彼を助け、共同生活を始める。だが、もう一人の生存者が現れる。出演は、「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビー、「それでも夜は明ける」のキウェテル・イジョフォー、「ワンダーウーマン」のクリス・パイン。監督は、「コンプライアンス 服従の心理」のクレイグ・ゾベル。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

放射能汚染による死の灰に覆われた世界で、たた一つ汚染を免れた小さな谷=“第二のエデン”があった。そこに住む女性アン・バーデン(マーゴット・ロビー)は唯一の生存者だと思い、愛犬と共に暮らしている。ある日、見たことのない車両と宇宙服のような防護服を着た黒人男性ジョン(キウェテル・イジョフォー)を見つける。汚染された滝壺で水浴びをして体調を崩したジョンを、アンが助ける。ジョンの体調が回復すると、二人は自然と一緒に暮らし始める。科学者のジョンは宗教感も考え方も異なり、アンは戸惑うが、次第に二人の距離は縮まっていく。しかし、もう一人の生存者、炭鉱夫の白人男性ケイレブ(クリス・パイン)が現れ、彼らの生活は一変する……。

作品データ

原題
Z FOR ZACHARIAH
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アイスランド=スイス=アメリカ
配給
ハーク
上映時間
98分

[c]2015 Z4Z Film Production UK Ltd. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/6/27

    世界中が死の灰に覆われた中で、全くその影響を受けない谷と言う設定が有り得るのかどうかはちょっと分からないのですが、谷はひたすら平和で美しい。
    彼女が彷徨う街の色彩が独特で、殊更にそれを痛感する。

    平和に生きているようで、凄い不安が有っただろう。皆それぞれ一人で。
    お互いしかいない2人の時はまだ良かった。3人になったら、変化する物が有る。
    だからこそのアンの行動なのだろうなぁ‥
    もう一人にはなりたくないし、誰も失わず仲間で居たかっただろうし。
    その微妙な心の変化、複雑さを繊細に描いて居るなぁ。

    あの時あそこで何が起きたのか。どうなったのか。想像する事しか出来ないけれど。

    Margot Robbieはやっぱり好きだな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告