宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」』
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」
3.9

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」

2018年11月2日公開、100分、アニメ/アクション/SF
633
84
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編として「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を新たな解釈で蘇らせたシリーズの第6章。ヤマトが沈み、強大なガトランティスを前に為す術をなくしたかに見えた地球。だがそこに、ヤマトの意志を受け継ぐ艦“銀河”が出撃する。監督の羽原信義、シリーズ構成の福井晴敏、音楽の宮川彬良、ボイスキャストの小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠といったシリーズを支える面々が顔を揃える。

ストーリー

ヤマトは沈んだ。波動砲艦隊も壊滅的な打撃を受け、地球は強大なガトランティスを前に為す術をなくしたかに見えた。だがそこに、ヤマトの意志を受け継ぐ新たな宇宙戦艦、ヤマト級“銀河”が出撃する。その脇を、かつて地球と戦ったガミラスの大艦隊が固める。数で圧倒するガトランティスに対し、地球・ガミラス連合軍は時間断層工場をフル稼働。大増産態勢を敷き、徹底抗戦の構えを示すが、それは力と力がぶつかりあうだけの終わりなき消耗戦であった。そんななか、AIが立案した非情な作戦を実行するため、死に場所を求めて加藤のブラックバードが飛ぶ……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
松竹メディア事業部
初公開日
2018年11月2日
上映時間
100分
製作会社
宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会(アニメーション制作:XEBEC)
ジャンル
アニメアクションSF

[c]西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
[c]キネマ旬報社