宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」|MOVIE WALKER PRESS
MENU

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」

2018年11月2日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編として「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を新たな解釈で蘇らせたシリーズの第6章。ヤマトが沈み、強大なガトランティスを前に為す術をなくしたかに見えた地球。だがそこに、ヤマトの意志を受け継ぐ艦“銀河”が出撃する。監督の羽原信義、シリーズ構成の福井晴敏、音楽の宮川彬良、ボイスキャストの小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠といったシリーズを支える面々が顔を揃える。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヤマトは沈んだ。波動砲艦隊も壊滅的な打撃を受け、地球は強大なガトランティスを前に為す術をなくしたかに見えた。だがそこに、ヤマトの意志を受け継ぐ新たな宇宙戦艦、ヤマト級“銀河”が出撃する。その脇を、かつて地球と戦ったガミラスの大艦隊が固める。数で圧倒するガトランティスに対し、地球・ガミラス連合軍は時間断層工場をフル稼働。大増産態勢を敷き、徹底抗戦の構えを示すが、それは力と力がぶつかりあうだけの終わりなき消耗戦であった。そんななか、AIが立案した非情な作戦を実行するため、死に場所を求めて加藤のブラックバードが飛ぶ……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
松竹メディア事業部
上映時間
100分

[c]西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    コージィ

    1.0
    2018/11/5

    好きな人にはたまらないのであろうが、私には受け付けなかった。 第一章からずっと持ってる問題として、演出・演技で引き付ける作りをしていない。 ドラマがない。キャラが立ってない。 キャラがずーっと喋っている。 説明セリフばっかり。 特に悪役がしゃべりすぎて、自らネタ解説って、どれだけかっこ悪いねん。 敵味方とも、キャラの行動が意味不明。 個人の小さな感情で発作的な行動・判断 (軍ではありえないし、ましてや人類の運命をかけた戦いで、それはどうよっていう展開) →状況と設定の説明 の繰り返しで、だれにどう感情移入していいものやら。 群像劇と言えば聞こえがいいが、単なる主人公不在。 どうやら地球の危機らしいのだが、緊張感なくしゃべってばかり。 敵の位置は、規模は、そして破壊力攻撃力は? いつまで、なんで地球の危機なの? 破滅させる、すべてを壊す、種を滅ぼす、とセリフで言わせるだけで映像として見せていないのでわからない。 章が進むごとに、この欠点は大きくなっていく。 事象も人物も物語も描けてないので、他の部分、戦闘や艦隊戦に期待をしてみたが…… 大きさがわからない。 きっとアンドロメダ級の「このモビーディック並みの、凄い巨大なはずの戦艦だから、一斉攻撃シーンはカッコいいはず!」という意図で作られたであろうシーンは、宇宙空間とはいえ、もっと大きな彗星の姿としか対比させていないため、イワシの群れが水鉄砲吹いたようにしか見えない。 艦隊運用に、戦略も思想も見えない。 ぼーっと団体で突っ込んで、撃ち合いして、相互に戦力を削りあうだけ。 戦局の全体像が伝わらない。 プロデューサー・監督・脚本家、コンテ担当などが、頭の中で考えた設定をこねくり回し、プロット段階の思いつきの羅列の域を出ていない印象。 いや、動画枚数に配慮した、予算から逆算したフィルムなのかもしれない。、 まるで、美味い魚料理を食べたくて行った店で、「●●●産の魚」って能書きだけ話されて、鱗も骨も処理してない魚の切り身を、「刺身です」って出された気分。 設定用語を並べた中から、意味を読み解き、頭の中で各々面白いと思う部分を見つけて再構築しろ…ってのは、CDドラマみたいな動かない説明ばっかりの深夜アニメ等で、よく訓練された古参アニメファンだけだろう。 それこそ、魚料理店で、材料だけ(せいぜい三枚におろした切り身程度のもの)を渡されて自分で調理しろと言われるような。 包丁が使える人間にしか食べられないって状態に近い。 それでいて、しっかり料金は他店と同じ。 ヤマト世界を知っている人間だけがもてはやす、同人誌的な二次創作の域を出ていないとしか思えず。 アクビが止まらんかった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告