1987、ある闘いの真実|MOVIE WALKER PRESS
MENU

1987、ある闘いの真実

2018年9月8日公開,129分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1987年、軍事政権下の韓国で起きた民主化闘争の実話を映画化。北分子の排除を目論む警察の取り調べ中、1人の大学生が死亡する。警察は隠ぺいを目論むが、検死解剖により原因が拷問であると判明。新聞記者たちは、事件を明るみに出そうと奔走するが……。出演は「天命の城」のキム・ユンソク、「お嬢さん」のハ・ジョンウ。監督は「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン。

予告編・関連動画

1987、ある闘いの真実

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)は、徹底した北分子の排除を目的に、取り調べを日に日に激化させてゆく。そんなある日、ソウル大学の学生が取り調べ中に死亡する事故が発生。行き過ぎた取り調べが原因だった。隠ぺいを目論む警察は、親にも遺体を見せないまま火葬を申請。ところが、その成り行きを不審に思ったチェ検事(ハ・ジョンウ)は、検死解剖を命じる。これにより、学生は拷問致死であったことが判明。だが、政府は取り調べを担当した刑事2人の逮捕で事件の幕引きを図ろうとする。これに気付いた新聞記者や刑務所看守たちは、事件を白日の下に晒そうと奔走。これに対して、警察の妨害もエスカレート。その一方で、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も、立ち上がろうとする。1人の大学生の死が、やがて韓国全土を巻き込む民主化闘争へと発展してゆくことに……。

作品データ

原題
1987
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
韓国
配給
ツイン
上映時間
129分

[c]2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    紙虫

    4.0
    2019/6/6

    【DVD】1987年はソウルオリンピックの前年、「タクシー運転手」といいあの時代を、トップスターを使ったメジャー作品として描こうとする韓国映画界の勢いを感じる。ラストで警官隊とデモ隊が衝突する場所があの明洞とは。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2018/9/25

    【賛否両論チェック】
    賛:実際に起きた事件を基に、大切なものを守るため、権力に立ち向かい続けた人々の姿が、切なくも如実に描かれていくのが印象的。
    否:拷問のシーン等がかなり生々しいので、苦手な人には向かない。

     まだそう昔ではない1987年に起きた、恐ろしくも哀しい事件。それを引き金に、韓国へ民主化の波が一気に押し寄せていく様が、緊迫感の中で生々しく描かれていきます。
     理不尽な拷問死を絶対的な権力で隠ぺいしようとする当局に対し、信念を貫いて抵抗したチェ検事を始め、あらゆる手段で記事にしたユンや、命を賭けて戦った革命家のジョンナム、彼らに協力した看守のビョンヨン、そして暴動に巻き込まれながら、大切な人の存在に気がついていくヨニと、一連の事件を通して様々な人々の戦いが浮き彫りになっていくのが印象に残ります。
     決して軽々しく観られる作品ではありませんが、今日在る人々の権利を守るために戦った、名もなき先人達の姿に考えさせられる、そんなお話です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    5.0
    2018/9/23

    31年前、全 斗煥(チョン・ドゥファン)時代の韓国。
    軍事政権であり、大統領の威を借りた警察・公安は「反共」の名の下、北朝鮮からのスパイを探すために、強引かつ無法な捜査を行っており、理不尽な暴力、冤罪、誤認逮捕と、拷問がまかり通っていた。

    あるとき無実の大学生が、警察に拷問の果てに殺されたが、証拠隠滅のため警察は無理矢理火葬にしようと動く。
    法律を守って親に会わせ、解剖してからしか火葬を認めない、と頑として譲らない検事部長を皮切りに、新聞記者、刑務所看守、大学生など、様々な人々の怒りと真実を求める気持ちが連なっていき……

    独裁、汚職、軍事暴走、隠蔽にまみれた全 斗煥政権を代表する事件のひとつで、韓国の民主化運動をより激しいものにした。

    と、実際にあった事件をベースにしたフィクション。

    看守の姪だけは架空のキャラクターらしいですが、それ以外はほぼ実在の人物をそのまま当てはめたとのこと。
    (※看守はモデルになった人はいるが、複数の人間たちの行動を一人に集約させているらしいです)

    一般市民の怒りが、膨れ上がっていく過程を丁寧に描いていました。
    観ていて興奮が高まっていく、実に濃厚な映画です。

    1980年の光州事件を題材にした「タクシー運転手 約束は海を越えて』と同じく、1987年の全 斗煥体制がひっくり返る直前。
    あの時代の韓国を批判し、歴史を見直そうという動きには感心しました。
    まだまだこの時代、金の鉱脈がごとく、掘ればいくらでも証言を元にした実話系ドラマが作れそうですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ノリック007

    5.0
    2018/9/14

    有名な実話だけに、多数の登場人物に、複数のストーリーがあり、
    理解するのに苦労します。

    分かりにくかったのは刑務所の制服姿の看守が、私服姿で民主化運動
    に加わっていて、この人物の妹は大学生の娘を育てていて、真実を
    伝える重要な役割をになっていたということです。

    多くの韓国人が民主的な直接選挙で大統領を選出することで国家に
    民意を反映させることに関わっていたということが理解できました。

    1回観て理解できないなら、2回観ることをお勧めします。

    民主的な直接選挙で大統領を選出することで国家に民意を反映させる
    ためには、これだけの困難に直面するということです。

    少子高齢化が進み、衰退する日本にはこれだけの困難を乗り越えて、
    民主的な直接選挙で大統領を選出することで国家に民意を反映させる
    ことはできないと思い知らされました。

    韓国政府は、国民の関心が政治に向かわないように「スポーツ」、
    「娯楽」、「セックス」に関心を向かわせていました。

    日本も、国民の関心が政治に向かわないように「スポーツ」、
    「娯楽」、「セックス」に関心を向かわされていると感じます。

    日本のメディアは、総務大臣に放送法174条(業務停止)や
    電波法76条(電波停止)で、脅かされて、キャスターを降板
    されるなどしているので、期待することはできません。

    日本では、いままで一度も、民意を反映した直接選挙による選出で
    日本のトップの政治家を選出したことはありません。

    日本は、国家に民意を反映させるためには、これだけの困難を乗り
    越えていません。

    日本人は韓国人を見下す人々が少なからずいますが、日本は、韓国に
    比べて40年は遅れている!
    日本は、あと何年遅れるのでしょうか?

    1980年5月17日、韓国全土に広がった学生の民主化運動と労働者の
    労働運動を鎮圧するために非常戒厳令拡大措置を断行しました。

    1980年5月18~27日、非常戒厳令拡大措置に対して光州市を中心として
    起きた民衆の蜂起します。
    全斗煥国軍保安司令官は、2万5千人もの韓国軍、警察隊によって多数の
    市民を虐殺し、鎮圧しました。
    このことは、光州事件と呼ばれるようになりました。

    1981年9月1日、全斗煥は憲法改正により大統領選挙人団による間接選挙
    より、大統領に就任しました。

    1987年4月13日、全斗煥大統領は、憲法改正会議を禁止し、次期大統領を
    間接選挙で実施すると宣言しました。
    韓国国民は、全斗煥大統領が次期大統領を指名すると反発しました。

    1987年6月2日、与党の民主正義党は要職者会議を開き、盧泰愚を
    次期大統領候補に推挙しました。

    1987年12月16日、憲法改正により直接選挙による選出で盧泰愚が大統領に
    選ばれました。

    1988年9月17日、ソウルオリンピックが開幕しました。

    映画を理解したいという人にはパンフレットの購入をお勧めします。

    違反報告