1987、ある闘いの真実:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
1987、ある闘いの真実

1987、ある闘いの真実

2018年9月8日公開、129分、社会派/伝記
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1987年、軍事政権下の韓国で起きた民主化闘争の実話を映画化。北分子の排除を目論む警察の取り調べ中、1人の大学生が死亡する。警察は隠ぺいを目論むが、検死解剖により原因が拷問であると判明。新聞記者たちは、事件を明るみに出そうと奔走するが……。出演は「天命の城」のキム・ユンソク、「お嬢さん」のハ・ジョンウ。監督は「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン。

予告編・関連動画

1987、ある闘いの真実

予告編

2018/5/25(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)は、徹底した北分子の排除を目的に、取り調べを日に日に激化させてゆく。そんなある日、ソウル大学の学生が取り調べ中に死亡する事故が発生。行き過ぎた取り調べが原因だった。隠ぺいを目論む警察は、親にも遺体を見せないまま火葬を申請。ところが、その成り行きを不審に思ったチェ検事(ハ・ジョンウ)は、検死解剖を命じる。これにより、学生は拷問致死であったことが判明。だが、政府は取り調べを担当した刑事2人の逮捕で事件の幕引きを図ろうとする。これに気付いた新聞記者や刑務所看守たちは、事件を白日の下に晒そうと奔走。これに対して、警察の妨害もエスカレート。その一方で、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も、立ち上がろうとする。1人の大学生の死が、やがて韓国全土を巻き込む民主化闘争へと発展してゆくことに……。

作品データ

原題
1987
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
韓国
配給
ツイン
上映時間
129分
ジャンル
社会派伝記

[c]2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1 /7件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?