かごの中の瞳|MOVIE WALKER PRESS
MENU

かごの中の瞳

2018年9月28日公開,109分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ゴシップガール」のブレイク・ライブリーが、視力と引き換えに夫との不和に悩むヒロインを演じる人間ドラマ。角膜手術で視力を取り戻し、人生を謳歌しようとする妻と、彼女に嫉妬と疑念を抱く夫の姿が描かれる。人間ドラマからアクションまで、幅広いジャンルを手がけるマーク・フォースターが監督を務める。

予告編・関連動画

かごの中の瞳

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

子供の頃に交通事故で視力を失ったジーナは、保険会社に勤める優しい夫に支えられ、何不自由ない毎日を過ごしていた。ある日、医師のすすめで角膜移植を受けると、彼女の右目は少しずつ視力を取り戻していく。目に映る光景に感激し、涙するジーナだったが、想像と異なる夫の姿など、視力を取り戻したがゆえに2人はすれ違っていく。

作品データ

原題
ALL I SEE IS YOU
映倫区分
R15+
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
109分

[c]2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.5
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2018/10/21

    妻の容姿が人一倍美しい。
    だから余計に他の男が、あるいは彼女自身が今までの規制から自由謳歌するとなったら夫である彼は堪らない。彼女自身、髪を染める頃から自身の美しさはプラスになると知っている。
    そして夫自身の男としての欠如とかつて彼女の一部となって支えていたことが不要となり、不安と自信を宇失っていく?

    この反比例で深まる溝は今までの信頼関係をたやすく崩壊させる。そんなものかいな。
    あるいは相手の心を想うより、夫は妻の美しさを独り占め、自分のエゴを優先していたのか。

    普通に見える人間だって絶景を見ればはっとする。それが暗闇にいた人間だったら全ての風景を愛しく思える。ただ可視できても現実は変わっていない。むしろ見えない時の想像が期待度数を上げ、そのギャップが深い。
    今までの関係とは。
    普通の夫婦だって壊れるのだから彼らの関係だって特別ではない。ただ今一度視野がなくなるトラップはあまりに非人間的な卑劣だ。

    タイの色とりどりの人工的ではないむせ返るほどの自然な色彩が鮮やか。ゆえに話の単調さが浮いてしまって残念。B.ライブリーは相変わらずキレだけど。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/10/3

    ジェームズは、自分を頼りにしてくれる、清楚でか弱い女性が好きなんだよね。
    実際ジーナはそうで、だから上手く行っていたんだけど、それは目が不自由だったからで。
    例え見えるようになっても、自分の掌の中で、自分が見せる物だけ見て喜んで居て欲しかったのよね。

    女性の方が、好奇心や物欲や、変身欲が強いのよ。
    そして大抵の男性は支配欲と独占欲を持っていると思う。
    大体、電車の中や人混みで、必要以上に連れの彼女をかばう男性はそうよね。それ見る度に、その彼女、一人の時は絶対君より逞しいよ?と思う。
    騙しているとかじゃなくて、好きな相手に甘えているんだろうけど、好きじゃ無くなったら甘えなくなる。
    その時に、男性はこの映画を思い出すかもね。

    見えなかった物が見えるようになったんだもん。そりゃ好奇心も働く。色々経験してみたくなる。
    あ~これって、専業主婦が、子供が手を離れて外に出始めた時に夫婦に起こる危機と一緒だなぁ‥
    それまでは自分の稼ぎ・・と威張り支配して来た相手が、自分のお金、自分の時間、自分の仲間を外に持つ。
    受け入れられない男性陣一昔前は多かった。今はどうかな?最初から共稼ぎならそうでもないのかな。

    兎も角、ジーナが美しい事と、見えなかったからこその変化が、大きくて、溝も大きくなったけど、珍しくは無いんだな。

    見えないからこその彼女の脳内に広がる世界は幻想的でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告