LBJ ケネディの意志を継いだ男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

LBJ ケネディの意志を継いだ男

2018年10月6日公開,97分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

暗殺されたケネディの後を継ぎ、第36代アメリカ大統領に就任したジョンソンの知られざる一面にスポットを当てたドラマ。大統領予備選挙でケネディに敗れ、副大統領に就任したジョンソンだったが、その職務が国政の蚊帳の外に置かれていることに気付く……。主演は「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のウディ・ハレルソン。メガホンを取ったのは「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。

フォトギャラリー

LBJ ケネディの意志を継いだ男 画像1

予告編・関連動画

LBJ ケネディの意志を継いだ男

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

民主党の院内総務として精力的に活動していたリンドン・B・ジョンソン(ウディ・ハレルソン)は、1960年の大統領予備選挙でライバルの上院議員ジョン・F・ケネディ(ジェフリー・ドノヴァン)に敗北。党の大統領候補に選出されたケネディの副大統領候補になることに同意する。だが、ケネディの大統領就任後、副大統領の執務が国政の蚊帳の外に置かれていることに気付く。その運命が一変したのは、1963年11月22日。ケネディが暗殺されたことで、ジョンソンは突如、第36代アメリカ大統領に就任することになったのだ。国民がケネディの死を嘆く中、ケネディの遺志を尊重して公民権法支持を表明するジョンソン。だがこれを機に、長い間敵対していた司法長官のロバート・F・ケネディ(マイケル・スタール=デヴィッド)ばかりでなく、師弟関係にあるジョージア州の上院議員リチャード・ラッセル(リチャード・ジェンキンス)とも争うことに……。

作品データ

原題
LBJ
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ツイン
上映時間
97分

[c]2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/11/10

    大統領の中でもケネディはスターである。あんな映画のような死も彼の付加価値を高め、ジャッキーや彼の親族もまたドラマティックだったり、謎の多いこと満載。

    リーダーに必ず副がいるが、LBJの職務は辛らつだ。しかしあの事件でホワイトハウス、アメリカ中が混沌に陥る。いかに冷静に周囲をはじめ、国民に対し、舵が取れるか。ケネディの華やかの影にいた人物がどういった手腕をするか。
    日本ではあまり知られていないと思う。彼が何をしたか、映画の中でもやや記憶が定かでない。ケネディの臨時の代替というか、ついそういった文言に尽きてしまう。なかなかケネディの光は消し去ることができない。

    目づらしく、こういった堅い役を演じるのだな、W.ハレルソン。周囲キャストもR.ジェンキンスやら間違いない配置。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/10/10

    アメリカ合衆国大統領物は、伝記的な物も架空の物も数多くある。
    なので、何となくシステムは理解しているよね。
    世界に対して隙を見せちゃいけない。

    ジョン・F・ケネディは人気ですよね。ルックスだけじゃ無く、やろうとしていたことも魅力的。
    家柄やら、家族やら、恵まれ過ぎ。
    そして、不運。

    まぁ、あの状況で大統領になる方も辛いけど。
    だけど、真摯に、道を違わず進んだのは見事でしたね。
    悩める姿と、堂々と渡り合う姿が印象的。

    私は黒人が好きだから、感謝するしかないな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ノリック007

    5.0
    2018/10/7

    原題「LBJ」より、邦題の「LBJ ケネディの意志を継いだ男」
    の方が映画の内容を良く表しています。

    難しい映画です。
    登場人物は多く、政治用語が多く、説明はなく、日本とは全く
    異なる政治なので、理解することも感情移入することも共感する
    こともできないでしょう。

    「日本が全て」と思っている人には、理解できませんし、得るもの
    もありません。

    1960年代の日本とは異なる米国の政治に興味があり、知識も
    ある人だけが楽しめる映画です。

    この映画は、日本と異なる米国の政治に触れてみるのには良い
    きっかけとなると思います。

    米国では、党首もいなければ、派閥もなく、自由投票で、政党によって、
    法案に賛成するか、反対するかを決められることはありません。
    政治家は、言葉を使い、ありとあらゆる手段を駆使して政治家を説得し、
    票数を読みながら、多数派工作を行うから政治が面白いということです。
    米国の三権分立は、機能していて、立法のトップは、大統領ではなく、
    民主党と共和党の上院議会及び下院議会の院内総務です。

    日本は政党に所属する国会議員は、党首と派閥の長とで、秘室で決められた
    政党の決議によって、法案に賛成するか、反対するかは決まっています。
    日本では、法案を巡り、票数を読むことや多数派工作はありません。
    日本では、与党の提出した法案は議論もされず、委員会で強行採決され、
    本会議で可決され、成立し、施行され、行政は法案を実行し、裁判所は、
    法により判断します。
    日本の三権分立は、曖昧であるだけでなく、機能していません。

    LBJが言葉を使い、政治家を説得するシーンとセリフと演説するシーンと
    セリフに注目すると良いです。

    1865年、リンカーン大統領は、米国憲法修正第13条を追加し、
    黒人奴隷解放をしましたが、黒人差別は残りました。

    1937年、LBJは、テキサス州下院議員に当選しました。
    1948年、LBJは、テキサス州上院議員に当選しました。
    1953年、LBJは、民主党の上院院内総務になりました。
    1960年、LBJは、民主党大会でジョン・F・ケネディに負けて、
    民主党の大統領候補にはなれませんでした。
    LBJは、ジョン・F・ケネディ大統領候補の副大統領候補として、
    大統領選挙に勝利しました。
    1961年、ジョン・F・ケネディは大統領に、LBJは副大統領に
    なりました。
    1963年、ジョン・F・ケネディ大統領は暗殺され、LBJは大統領に
    なりました。
    1964年、LBJは、議会で可決された公民権法に署名し、黒人差別を
    無くしました。

    2009年、黒人初のオバマ大統領が就任しました。

    ジョン・F・ケネディは、民主党の米国大統領です。

    ロバート・F・ケネディは、民主党の司法長官です。

    リチャード・ラッセルは、1933年に初当選した、実力者の民主党の
    ジョージア州上院議員です。

    ラルフ・ヤーボローは、1958年に初当選した、新人の民主党の
    テキサス州上院議員です。

    リチャード・ラッセルもラルフ・ヤーボローも南部の州を代表する
    上院議員で、同じ民主党ですが、政治姿勢は全く異なります。

    違反報告