天国でまた会おう|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天国でまた会おう

2019年3月1日公開,117分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミステリー作家、ピエール・ルメートルによる異色作で、フランス最高峰の文学賞、ゴンクール賞に輝いた同名小説を映画化した人間ドラマ。第一次世界大戦ですべてを失った2人の男が、国を相手に一儲けを企てようとするさまが描かれる。主人公の1人を演じるアルベール・デュポンテルが監督を務め、独特の映像美で魅せる。

フォトギャラリー

天国でまた会おう 画像1
天国でまた会おう 画像2

予告編・関連動画

天国でまた会おう

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1918年、休戦目前の西部戦線。フランス兵のエドゥアールは生き埋めにされたアルベールを救おうとするが、顔に重傷を負ってしまう。2人はなんとかパリへ戻るが、帰還兵に対する世間の反応は冷たかった。仕事も恋人も失ったアルベールと、顔の傷もあり、生還を家族にひた隠しにするエドゥアールは、国を相手に大胆な詐欺を企てる。

作品データ

原題
AU REVOIR LÀ-HAUT
映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
フランス
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
117分

[c]2017 STADENN PROD. - MANCHESTER FILMS - GAUMONT - France 2 CINEMA [c]Jerome Prebois / ADCB Films [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ちーぴ

    5.0
    2020/9/25

    これぞ映画!自分は【ニューシネマパラダイス】よりコッチ!是非多くの人に観てもらいたい映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/3/17

    戦の最前線でパンパンやっていてもエドゥアールはスケッチを片手に、やはりお坊ちゃんである。

    父が大嫌いだと言っても、その思いの強さほど父に認められたい、愛されたいというのも一目瞭然。
    たしかにひどい彼の負傷。「蜘蛛の巣を払う女」にも出てきたような負傷である。しかし段々と彼のアーティスティックな仮面が面白くなってしまう。御曹司ならではの気品と優雅さが備わっているし。

    彼とアルベール、そして少女の連携がよろしい。アルベール、人がいいなあ。

    気付いてほしくないくせに、父にメッセージを送るエドゥアール。そしてまた父もそれに気づいてくれてほっとする。エドゥアールの人生はそこで完結するのだ。やはりあの負傷では生きられないのだろう。アーティストで御曹司の精神は非常にもろいのである。

    アルベールを演じる監督の温かみが十分伝わった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/3/6

    これは、Pierre Lemaitreの原作小説が素晴らしいんだろうな。
    勿論、脚本も、演技も素晴らしいけど。特に素晴らしいのは、エドゥアールの表情豊かな仮面の数々ね。
    戦後の、正義もモラルも曖昧な時代。それでも逞しく生きているのだけれど。
    ・・・というか、あの状況でも人は生き延びられるのだなぁ‥と思う。
    最初は苦しそうだったけど。
    友達も出来て、生きる糧も出来て、楽しそうに笑って居てけれど、そう見えたけれど、痛みも、恨みも、苦しみも、消えてはいなかったのね・・
    ちゃんと、芸術の道で生きている手段だって、有ったはず。
    だけど彼は、自分の才能を、そうは使わなかった。

    悲しいのは、心が通い合った筈の少女も、助け、助けられた、運命共同体みたいな彼も、彼を繋ぎ止めて置くための枷にはなり得なかったと言う事。
    彼の最後の行動の直前に、彼の心には何が浮かんでいたんだろう。
    大好きだった母なのかな・・それ以外の者に、もはや何の価値も無かったのかな・・

    手に入れたと思った刹那の完璧な復讐劇。あんな残酷な仕打ちが有るだろうか。

    そして、意外な所で繋がる、もう一つの父子の物語。最後まで、上手いな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告