ダンスウィズミー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ダンスウィズミー

2019年8月16日公開,103分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

矢口史靖監督が、“突然歌ったり踊り出す”というミュージカルに関する疑問をテーマに描くコメディ。音楽を聞くと突然、歌い踊り出す体になってしまったヒロインを三吉彩花がコミカルに演じる。ムロツヨシややしろ優といった個性派や大御所の宝田明が、ヒロインの体の秘密に関わるクセの強いキャラクターに扮し、物語を盛り上げる。

予告編・関連動画

ダンスウィズミー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

子どもの頃からミュージカルが苦手なOLの静香は、とあるきっかけで音楽が聞こえると、まるでミュージカルスターのように歌い踊り出す体になってしまう。スマホの音や日常にあふれる音楽に反応し、所かまわず歌い踊り出してしまい、恋も仕事も失う。原因を探し、日本中を奔走する静香は、クセ者たちと出会い、さらなるトラブルに巻き込まれていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
103分

[c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    らいらいきぃ

    4.0
    1ヶ月前

    全くの前情報無しで見ましたが、たくさん笑って見られました。また、ダンスシーンなどは賑やかで楽しかったです。
    途中が良かっただけに、多少最後は尻すぼみ感も残りましたが、悪くはない映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    3.0
    2020/7/19

    ミュージカルって、おかしいでしょ。
    いきなり主人公たちが歌いだして、恥ずかしくないんですか……という、映画の観客が誰でも感じる疑問をテーマに据え、「歌いたくもないのに音楽を聞いた瞬間に歌って踊ってしまう主人公」を描く映画です。

    ストーリーやシナリオの作りにはアイディアが光っているのですが、なんと言っても残念だったのは主人公の三吉彩花の演技。

    歌唱力が絶望的に弱く、まったくミュージカルになっていません。
    おそらく仲間うちでのカラオケなどでは、それなりに歌える人なのだろうと思います。
    ただ、マイクと電子的なギミックによって補正されるカラオケと異なり、素の歌唱力が問われるミュージカルという分野に対しては力量不足もいいところでした。

    せっかくの主演映画なんだから、少なくとも半年ぐらいは声楽の学校に通い詰めて猛勉強をするとか、覚悟を決めて役を作れば良かっただろうにと残念でした。

    努力と勉強、それこそが女優人生の財産なのですが、この女優は努力が好きではない女優なんだなと見抜かれる、寂しい出来ばえの映画でした。

    ミュージカルというわりに、仲間うちで歌を歌うだけというシーンが多過ぎ、これも残念な点。

    というわけで、これは責任を持って主演女優を教育できなかった監督の責任と、責任感が欠如した女優自身の責任問題なのでしょうね。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2019/10/6

    【賛否両論チェック】
    賛:物語を彩る珠玉の楽曲達と、演者さん達のステキなダンスが最大の見どころ。ロードムービーとしての要素もあり。
    否:ストーリーは有って無いようなもの。ミュージカルそのものへの好みも分かれるか。

     何といっても、本作を彩るステキな楽曲の数々が、1番の魅力です。そんな曲に合わせて、時に華麗に時にコミカルに踊る、静華を始めとするキャラクター達も、物語に見事な花を添えています。
     その代わり、ストーリーは割と有って無いようなものなので、その辺りが好き嫌いの分かれそうなところでしょうか。また、まさにヒロインよろしく、ミュージカルが苦手な人には不向きかも知れません(笑)。
     マーチン上田を追って繰り広げられる、静華と千絵のドタバタ珍道中も不思議と絵になる、ステキなロードムービーでもあります。音楽が好きな方は必見の作品といえそうです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    hiryukin

    3.0
    2019/9/27

    ストーリーの入り口は面白かったんですが、結末がちょっと…面白いのとは違う感情がわいてきた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    5.0
    2019/8/23

    日本でここまで楽しめるミュージカル映画はなかったと思います。矢口ワールドに引き込まれれば、楽しい世界が待っており、歌うシーンでは多幸感に包まれました。

    冒頭のヒロインと会社のパートがややかったるいものの、例の催眠術の件からは一気に話が動いて、ヒロインが最初に歌う場面ではチラ見せサービスも!(それを上から撮ったのがポスターかな?)

    三吉彩花は、主役を張った経験がほとんどないので、冒頭部分は存在感が薄いですが、催眠術以降は彼女しか出来ない、歌と踊りと破壊(笑)の連続。

    ロードムービーとこの映画がどうつながるのか、心配ご無用。ウォーターボーイズのラストの感動こそないものの、あの作品程度の楽しさはあり、余韻もさわやか。

    個人的には、某ララランドよりも知恵と工夫のこの映画の方が楽しめました。
    東の矢口、西のタランティーノといっていいほど、両者は互角の実力派だと思います。

    P.S. 矢口史靖監督作品の特徴について
    彼は、黒澤明と同じ考えの持ち主。矢口組に参加するからには、掛け持ちは無用。撮影とその準備期間中は矢口組だけに仕事を絞ってねと。有名な役者は掛け持ち必須なので、使えない。若手から選んで、その成長ぶりを本編映像に収めて、感動に持ち込むと。

    妻夫木や玉木、それに上野、貫地谷、本仮谷は無名でしたが、彼等5人の演技を褒めた人はいなかったですが、そのひたむきな頑張りっぷりが感動を呼んだ訳で。

    そして今回の三吉彩花も、一般の方には無名ですが、「さくら学院」父兄や、ベビーメタルを通じてさくら学院を知った人なら、知っている名かと。
    さくら学院出身の、三吉彩花は歌も踊りもそつなくこなす人物です。そして練習好き。
    自分は歌が上手いなあと感心。

    [追加] 昔風に言えば、珍道中のパートが後半です。ここで女子3人組が一時結成されますが、この3人が途中まで愛おしく思えます、が、そこは矢口監督、やはり破壊と暴力が(ペキンパーかよ、笑)
    他の2人は、芸人のやしろ優と、歌手の Chay。

    [意外な発見]
    矢口作品って、あまり家族を描かなかったはずなのですが、本作は東京パートで、遊びにくる姉と姪とヒロインとの関わりがたっぷり描かれ、そこだけ見ると是枝作品!
    でも実は家族の絆を描きたかったのではなく、ヒロインの立ち位置を浮き彫りにするための対比だったのですね。いや感心。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    2.0
    2019/8/17

     矢口監督の新作ということで「大笑い」するつもりで鑑賞しましたが、なんだか笑うことができず、正直、面白くありませんでした。

     ミュージカル映画としても、構成やダンス内容が地味すぎて記憶に残るシーンはありませんでしたし、ミュージカル映画を皮肉っているとのことですから、それはいいのかもしれませんが、期待の「笑い」も私的にはまったく・・・で、「じゃあ、何がメインなんですか?」といった感じでした。

     ストーリーも展開も「よくある」もので、助演の「やしろ優」だけが株を上げた映画に思えて仕方がなかったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/8/16

    見終わってスッキリ!!しながらも、ちょっぴり涙が出ました。これは、ぜひ映画館で見てほしい!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告