スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

2019年6月28日公開,135分

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後の世界を描く、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)、フェーズ3の完結編。学生として友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターことスパイダーマンが、火や水など自然の力を操るクリーチャーとの戦いに挑む。異次元から来たというミステリオをジェイク・ギレンホールが演じる。

予告編・関連動画

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夏休みを利用して、学校の友人たちとヨーロッパ旅行へ出かけたピーター。ところが旅先で彼を待っていたのは元S.H.I.E.L.D.の長官ニックだった。ニックは迫りくる新たな脅威を察し、その戦いにスパイダーマンの力を必要としていた。ピーターは目の前に立ちはだかる脅威に怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。

作品データ

原題
SPIDER-MAN: FAR FROM HOME
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
135分

[c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.8
  • からかす

    4
    2019/11/24

    蜘蛛の能力を手にした少年ピーターの戦いを描く
    同名シリーズの2作目。
    立ち位置としては「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後日譚。

    特に構成として素晴らしいのは
    少年ピーターが学友と会話するシーンが多いこと。
    青春映画として描くキャラが微笑ましい。
    これによりピーターの少年性を強調すると同時に
    ヒーローとして悪に立ち向かわなければならない、
    特に擬似父親的なアイアンマン・トニースタークから託された
    アイテムをもって少年としての自分・ヒーローとしての自分の間で
    揺れ動く心情をトム・ホランドの純朴そうな演技が表現している。

    何より一番はミステリオ演じるジェイク・ギレンホール。
    かなりぼかして言えば全編通して美味しい役回り。
    渋い男前で人当たりはいいけど少し影があって内面に何かを抱えてそうで
    とにかく彼が良いのである。

    アクション的にも前半・後半で趣向を変えたアクションを取り入れ
    それぞれに見栄えがあって良い出来。
    贅沢を言えば本作の舞台がヨーロッパ圏ということで
    NYほど高い建物がなくスウィングに豪快が薄れたことくらいで概ね満足。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    3
    2019/7/13

    【賛否両論チェック】
    賛:青春の真っ只中にいるピーターが、スパイダーマンという宿命を背負いながらも、恋や友情に奮闘していく様が、ユーモラスに描かれていく。勿論アクションもスゴい。
    否:特に説明はしてくれないので、「アベンジャーズ」関連の予備知識はあった方がイイ。

     直近でいうと、「アベンジャーズ エンドゲーム」と繋がっているので、最低限その知識は必要かと。
     今回は、またしても世界を揺るがす脅威に巻き込まれてしまう中で、スパイダーマンことピーター・パーカーの、まさに青春ド真ん中な部分が等身大で描かれているのが、良くも悪くも目立ちます。世界を守る使命に葛藤しながらも、遊びに恋に友情と、高校生ならではの悩みがピーターをまた少し成長させていくようで、思わず微笑ましくも感じます。
     そしてあのアイアンマンとの関係性も、まだまだ見どころの1つ。師弟関係にあったアイアンマン亡き後、スパイダーマンとしてどんな覚悟を背負うことになるのか、その辺りにも注目です。
     勿論アクションのスケールもスゴいですが、アベンジャーズなんかの桁外れのアクションを見慣れてしまっている人にとっては、やや物足りないかも知れません(笑)。それでも言わずもがな、マーベルファンは必見の作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • seapoint

    2
    2019/7/8

    スパイダーマンもいよいよ個体としては見られなくなってしまった。MCUのファン、そして継続して見ていないとこのスパイダーマン、話が飛んで観る羽目に。

    T.マグワイアにA.ガーフィールドに比べるとまたMJもK.ダンストにE.ストーンに比べるとすまない、華がない。

    現実に適役の方がぐんと巧い役者で、そちらの方がギャラが重いのではと疑う。まさかJ.ギレンホールがこういった作品に出演するとは!

    スパイダーマンの見せ場は蜘蛛の糸を使ったスピーディーなもので特にベネチアやベルリンでなくとも宜しいかと。それならば混沌とした香港とかの方が面白い気がする。

    アイアンマンからのハッピーが参与したのは付加価値だ。
    しかしMCUは引き延ばすねぇ。これに限らず日本人には有名でないヒーローものとか、それぞれを組み合わせてしまうとか。今回も絶対次回ありきのラストだし。
    観客をワクワク感に引きこんでいるなら成功だろう。個人的にはもういいかなって感じ。それでも根強いコアファンに支持されているから、このMCUに関する作品は続くのである。ある意味すごい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告